« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月 5日 (火)

あがり症よ、さようなら(6)

あがり症と話し方の専門家で、話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

実は、新田、レーシック手術を受け、数十年のメガネにさよならしました^^;。
すっごく快適です!

昨日は、老眼治療でレンズを装着し、今は、「レンズを通して近くを見る」ことを脳に記憶させるための訓練中^^。
80歳になっても90歳になっても、本が読みたいがための手術でしたが、裸眼で生活できることがこれほど快適だったとは、感謝です^^。

さて、今回の、あがり症にサヨナラのご報告は、(5)と同じ方です。
「脳をマネジメントしなければ、あがる」、ということが実感できるご報告です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも大変お世話になっております。昨年の学会発表に続き、
今月の報告会でも、学会発表の時と同じくドキドキせずに落ち着いて、
大きな声で話せました!

実は今回、講座に通う前のように心臓がどきどきし、まだ治っていない・・・、
なぜ私はこうなんだろうと自己嫌悪になりました。

ですが、そのときに、教室で先生が何度も仰っていた、
「脳をマネジメント!」
という言葉を思い出し、
脳が安心する言葉を何度もかけて、コントロールしました。

その結果、今回も成功体験をつかませていただき、さらに自信がつきました。

いまさらですが、脳をマネジメントすることがいかに大事か、
実感いたしました

本当にありがとうございました<m(_)m>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

精神科医はなぜあがり症を薬で治療するかというと、抗不安薬で脳内の神経細胞の活性化を抑えるためなのですね。

脳は、いったん記憶した内的反応は忘れませんから、どれほど準備し練習しても、あがり症の人は反射的にあがります。

準備や練習であがらなくなるのは、あがり症ではない人です。

そのために、新田は、あがりは場数では克服できない、脳をマネジメントしなければ、あがり症からの解放は難しいと提唱しているのですが、この方の体験は、まさにそのことを裏づけるものでした。

何度も書きますが、ドキドキなどの身体症状は強い不安・嫌悪・恐怖という感情から生起し、その感情は思考(予期)から生まれます。

だからこそ、条件反射を遮断して、ドキドキしないで話すという一定期間の記憶の上書きができた後は、脳をマネジメントすることが大事なのですね。

あがり症は、話し方の問題ではなく、脳の問題である所以もここにあります^^。

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

あがり症よ、さようなら(5)

あがり症と話し方の専門家で、話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

今日から3月、日もすっかり伸びて、確実に春が近づいていますね^^。

さて、知人が、インターネットに下記のような新田の記事があることを教えてくれました。

タイトルは、「新田祥子の名言・格言」となっておりますが、新田が講座中に話したことが書かれているので、きっと、受講生の方が紹介してくれたのかと思います。
心から感謝です、ありがとうございます!^^

↓プロフィールの後にありますので、本文はスクロールしてご覧ください^^;。
http://systemincome.com/main/kakugen/tag/%E6%96%B0%E7%94%B0%E7%A5%A5%E5%AD%90

また、「教えてgoo」というところで、「営業職なのにあがり症で困っている」という方の悩みに、新田の2冊の本をご紹介してくださった方もいらっしゃいました。
まだお目にかかったことのない方ですが、ご厚意に深く感謝します^^。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5976164.html


さて、今日のあがり症克服のメールは下記です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新田先生、講義では大変お世話になりました。
昨日、無事に学会発表が終わりました。

職場での事前デモで、とても聞きやすいと上司に言っていただきました。
ですので、新田先生に教わりましたよう自分を褒めました。

また、昨日の本番では、心臓のドキドキは全くなく、大きな声で話せました!

予期不安は、多少手が冷たくなるつばを飲むというのがありましたが、
今までと比べたら信じられないほど落ちついていました。

ゆっくり話しすぎたようで終了前1分のベルに焦り、後半は急いで読むことに必死で、最後のパワーポイントを変え忘れてしまいましたが^_^;

職場の上司や先輩等、みなさんに褒めていただきました。
本当にありがとうございました、
自信がつきました。

1月にもこの内容を職場で発表することになり、
試練
は続きますが、以前のような恐怖はありません。

また、1月の講座でにご報告に行かせていただきます。

講座に参加させていただき本当によかったです。

ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この方は、声に大きな問題と条件反射がありました。
原因は、弱い呼気、声帯の位置の不安定さ等ですが、認知傾向も声の問題に影響していました。

そのため、普通の声で話すことが常態化するまでに2か月近くかかりましたが、正しいトレーニングと脳のマネジメントをすれば、長年苦しんできたあがり症からの解放も夢ではありません^^。

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »