« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

2012年の言葉

あがり症と話し方の専門家で、話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

いよいよ今日で2012年も最後ですね~。皆様はどのようにお過ごしでしょうか?

新田は、溜まっていた郵便物や資料や何やらの整理をし、部屋の掃除をし・・・、いまはちょっとひと息ついてます^^;。

(年賀状は三が日中に書きます^^;)


さて、今年もたくさんの本と出会いましたが、その中で印象的だった言葉が下記です。

「人間の可能性は無限である、とよく言われるけれど、人間の能力や可能性は、けして無限ではない。
遺伝子に書かれていること以外はできないのだから、可能性は有限である。
ただし、細胞の遺伝子は30億の遺伝情報をもっており、そのほとんどはOFFの状態である」(「Something Great。生命の暗号」坂本和雄著)

人の可能性は有限で、30億の可能性しかない、ということをとても真面目に書かれているので、なんだか可笑しかったのですが、老齢期に勇気をもてました^^;。

また、アメリカの心理学者ウィル・シュッツの、「人は常に選択して行動する動物である」という言葉は、さまざまな思考の示唆を与えてくれました^^。


皆様、どうぞ良いお年を!^^

一年間、ありがとうございました。新年もどうぞよろしくお願いいたします!^^;

| | コメント (0)

2012年12月18日 (火)

「佐々木新一さんディナーショー」のご案内

あがり症と話し方の専門家で、話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

再度、佐々木新一さん情報です^^。

2013年2月9日(土)にディナーショーが開催されます。
待っていた方も多いのではないでしょうか^^

場所:京王プラザホテル5階エミナンホール。
午後6時開場、午後7時15分開演です。

お問い合わせ、お申し込みは、キングレコードまでお願いします。

新田は昨年のディナーショーにも伺いましたが、もちろん今年も^^。

佐々木新一さんのピーンと張った歌声を生で聴くことができますので、今からとっても楽しみです^^。

| | コメント (4)

2012年12月 5日 (水)

佐々木新一さんの新曲情報!^^

あがり症と話し方の専門家で、話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

このブログにも、佐々木新一さんのファンの方がたくさん訪問してくださいますが、今日は佐々木さんの新曲情報をお伝えいたします^^。

(一カ月以上も前に教えていただいたにもかかわらず、遅れてしまい申し訳ありませんーー)

実は、新曲ラッシュです^^。

2012年12月5日(今日ですね^^)、佐々木新一さんと北野まち子さんのデュエット曲、「津軽そだち」が発売されます。

また、来年1月9日には、佐々木さんがお一人で歌う、「ふるさと津軽」が発売予定です。

それから、佐々木新一さん、鏡五郎さん、池田輝郎さんのユニットで、(ユニット名は、佐田鏡 五一郎だそうです。なにやらユニークなお名前ですね^^;)で、
3月13日に、「あゝふるさとよ/コッキ―サンバ」が発売予定で、このユニットによるアルバムが、11月21日に発売されているそうです。

新田は佐々木さん以外は知らない方々なのですが、ファンの方にとっては一度にたくさんの“美味しい”があるのではないでしょうか^^;。

以上、佐々木新一さんの新曲情報でした!^^

| | コメント (0)

2012年12月 4日 (火)

元気です~^^。

あがり症と話し方の専門家で、話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

ようやくブログを更新することができます! 
毎日がとっても忙しくて、今日は久々のお休みです^^)v。 でも、夕方から、来週の企業研修に向けて、パワーポイントでの資料づくりをします^^。 

(パワポでの資料づくりは、始めるとけっこう楽しいです^^)

新田は、なぜか仕事を断ることができないのですよね~><。
フリーライター時代からの名残りもありますが、新田にレッスンを申し込まれる方は、困っている状況でのお申し込みなので、ついつい引き受けてしまいます^^;。


さて、この忙しい中でも、友人の紹介で大学病院に行き、血液検査、胃カメラ等の検診を受けてました。

最近の大学病院は、40年前とはずいぶん違うのですね~、びっくりでした^^。

これまでは、混んでいるのが当たり前と思っていたのですが、分院であることや予約制というシステムもあってか、混雑とは無縁。
しかも院内のいたるところに木の温もりがあり、とてもリラックスして診察を受けることができました。

ま、検査結果に異常はなかったのですが、胃に(良性の!)立派なポリープが見つかり、これからは半年に一度、検査を受けるようにとのご指示をいただきました^^;。


ところで、実は、この大学病院、新田がまだ20代の頃、日本で最初の女医である荻野吟子を調べるために図書館に通っていたところでした^^。

(そのころは大学の学生でなくても、図書館を利用することができたんですよね)

大学病院の創立者は、荻野吟子の次に女医になられた吉岡彌生ですが、不思議なご縁を感じると同時に、生涯お世話になりたいと思える病院に出会えて、ちょっと嬉しいです^^;。

これからは、あの立派なポリープが消えてくれるように、生活をコントロールしながら、お仕事に励みたいと思います^^。

以上、ご報告でした!^^

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »