« カラダ再生中^^;。 | トップページ | 元気です~^^。 »

2012年10月16日 (火)

主語がない!

あがり症と話し方の専門家で、話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

穏やかな秋晴れでが続きますね^^。

さて、先日、姪の5歳になる子供に、絵本の読み聞かせをしていて、ビックリしてしまいました^^;。

その絵本には、「○○は、○○が」という主語が、ほとんどなかったのです。

そのため、関係性やストーリーがとても理解しにくくて、大人の新田でも、少し前に戻って読み返し、確認しないと内容がすんなり頭に入ってこないほどでした・・・--;。

言葉を記憶し始める幼児を対象に、こんなお粗末な日本語の絵本が提供されているとは。
作家の問題なのか、編集者の問題なのか・・・、少し腹がたちましたね^^;。

日本人が得意な、「推察する」コミュニケーションの習得は、こんなところからはじまっていたのか!という感じでした^^;。


類推する→言葉が少ない→主張スキルが弱い、ということは、本人的にはなんら違和感はないのですよね。

なぜなら、「推察」することで脳内にはある程度イメージができていますから、たとえ勝手な解釈でも違和感を感じずに、受容的な思考や行動の習慣が作られてしまいます。

ところが、相手から見たら、言葉が少ない、主張がないということは、「何を考えているのか、分からない」ということですので、ある意味、不気味ですよね。

主語を明確にし、筋道をしっかり把握する、というのは交渉ごとにも思考にも基本ですが、思わぬ落とし穴は絵本にもあった・・・という怖いお話でした^^;。

|

« カラダ再生中^^;。 | トップページ | 元気です~^^。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カラダ再生中^^;。 | トップページ | 元気です~^^。 »