« 「イメージできたことは、できる」 | トップページ | カラダ再生中^^;。 »

2012年8月23日 (木)

多言語国家

あがり症と話し方の専門家で、話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

7月、8月はなぜかスケジュール帳がいっぱいで・・・^^;。

さて、最近、新田が住むエリアのバス車内の案内が、英語と日本語と韓国語の3か国語で表示されるようになりました。

いよいよ日本も「多言語国家」になったのだなぁ、ということを実感させられ、ちょっと複雑な心境になってしまいます・・・。

多言語社会でもっとも必要とされるのは、しっかりとした「主張性」。

しかし、現実は、カタカナ・ひらがな(表音文字)によるコミュニケーションの増加や、単語でしか会話ができない若者の増加、学校では、子供たちに、自分の気持ちや考えを、前後につながりを持たせて伝えるための指導をしているなどの現実があり、主張性を身につけるスタートラインにさえ立てていない状況があります。

島国で単一言語(正確にはアイヌ語もありますが)の日本は、これまで世界でも類をみない独自の文化を築いてきましたが、今や過去の歴史にも例がないほどの大きな転換期を迎え、コミュニケ―ションという視点でこれから日本や日本人を考えると、夏の盛りなのに、なぜか深い憂いに包まれてしまいます^^;。

その背景や根拠を問われたら、2冊ぐらい本を書かないと説明しきれない気がしますので、こんな日は、きれいなピアノ演奏などでも聴いて、気持ちを静めようと思います^^。

|

« 「イメージできたことは、できる」 | トップページ | カラダ再生中^^;。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「イメージできたことは、できる」 | トップページ | カラダ再生中^^;。 »