« お久しぶりです^^;。 | トップページ | 空腹時に「グー」が^^) »

2012年7月13日 (金)

お陰さまで、ロングセラーです^^

あがり症と話し方の専門家で、話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

またまたブログ更新が・・・^^;。

さて、何やら広告臭くなってしまいますが、ブログをお休みしているあいだに、「あがらない話し方教室」と「論理力トレーニング教室」が、増刷されました!(嬉)

おかげさまで、ロングセラーです^^。

「あがらない話し方教室」は、「あがり症は『話し方』の問題ではなく、『脳』の問題である」、という視点で、なぜあがりやすい脳がつくられるのか、どうすれば克服できるのかについて書いています。


人は、スピーチやプレゼンなど「話をする」ときにあがるので、ほとんどの人が、「話し方に問題があるから、あがるだろう」と考えがちです。

そのため、「話し方がうまくなったら、あがらなくなるのではないか」の幻想のもと、話し方教室などに通って、上手に話すための努力をします。

しかし、上手な話し方をしていてもあがる人はいますし、とても上手とは言えない話し方でも、あがらない人もいますね。

そもそも、「上手な話し方」とは何なのか、明確な定義ももたずに上手な話し方を目指していますから、いつまでたっても上手な話し方もあがり症の克服も実現できません。


もしあがりを、「不安や嫌悪」という感情を視点で捉え、感情はどのようにして生起するのかを推考すれば、あがるのは話し方の問題ではない、ということが分かっていただけると思うのですが、
「あがらない話し方教室」は、あがりのメカニズムや、あがりやすい性格のつくられ方、どのようにすれば克服できるのかなどについて書きました。



また、「論理力トレーニング教室」は、「論理とは何か」を、小学生にも分かるように書いています。

多くの日本人が、「論理的に伝えられていない」ことや「自分は論理的思考ができない」と錯覚し、論理的に話すことに自信を持てずにいますが、
なぜこのような結果になるのかというと、ほとんどの人が、「論理とは何か」を知らないからなのですね。

そのために、とても論理的に話せているのに、「論理的に話せない」と漠然とした感想で判断を下してしまいます。

そして、論理力はなかなか身につかない「高尚なもの」的な扱いで、高い位置に置いて崇めてしまいます。


そもそも日本語自体が、論理性が認識しにくい言語構成ですので、仕方がないとも言えますが、もったいないですね^^;。

新田は、論理的に話すためのツールとして、「五段階情報整理法®」を開発しましたが、「論理力トレーニング教室」では、五段階情報整理法をベースに、論理の基本と人間思考の型などについて書いています。

長くなりましたが、ご興味のある方は、ぜひお読みになってくださいませ^^。

|

« お久しぶりです^^;。 | トップページ | 空腹時に「グー」が^^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お久しぶりです^^;。 | トップページ | 空腹時に「グー」が^^) »