« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月18日 (水)

空腹時に「グー」が^^)

あがり症と話し方の専門家で、話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

一日一食事、継続できています^^。

さいきん、空腹時にお腹が「グー」と鳴るようになりました^^;。

この一カ月で3回。

最初の「グー」はとっても下手な鳴り方で、まるで鳴きはじめのウグイスのようでしたが、さすがに3回目になると、やや健康的な(?)「グー」になってきました^^;。

空腹時に「グー」と鳴るためには、空腹中枢を刺激する物質が刺激されなければなりませんが、少しずつく身体のバランスが整ってきているという感じでしょうか^^;。

でも、一日一食事なのに体重が2キロ近く増え、フルーツでも食べ過ぎると胃痛がおきますので、まだまだ身体の中では、いろんなところのバランスを調整中のようです^^。

本日は以上です♪

| | コメント (0)

2012年7月13日 (金)

お陰さまで、ロングセラーです^^

あがり症と話し方の専門家で、話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

またまたブログ更新が・・・^^;。

さて、何やら広告臭くなってしまいますが、ブログをお休みしているあいだに、「あがらない話し方教室」と「論理力トレーニング教室」が、増刷されました!(嬉)

おかげさまで、ロングセラーです^^。

「あがらない話し方教室」は、「あがり症は『話し方』の問題ではなく、『脳』の問題である」、という視点で、なぜあがりやすい脳がつくられるのか、どうすれば克服できるのかについて書いています。


人は、スピーチやプレゼンなど「話をする」ときにあがるので、ほとんどの人が、「話し方に問題があるから、あがるだろう」と考えがちです。

そのため、「話し方がうまくなったら、あがらなくなるのではないか」の幻想のもと、話し方教室などに通って、上手に話すための努力をします。

しかし、上手な話し方をしていてもあがる人はいますし、とても上手とは言えない話し方でも、あがらない人もいますね。

そもそも、「上手な話し方」とは何なのか、明確な定義ももたずに上手な話し方を目指していますから、いつまでたっても上手な話し方もあがり症の克服も実現できません。


もしあがりを、「不安や嫌悪」という感情を視点で捉え、感情はどのようにして生起するのかを推考すれば、あがるのは話し方の問題ではない、ということが分かっていただけると思うのですが、
「あがらない話し方教室」は、あがりのメカニズムや、あがりやすい性格のつくられ方、どのようにすれば克服できるのかなどについて書きました。



また、「論理力トレーニング教室」は、「論理とは何か」を、小学生にも分かるように書いています。

多くの日本人が、「論理的に伝えられていない」ことや「自分は論理的思考ができない」と錯覚し、論理的に話すことに自信を持てずにいますが、
なぜこのような結果になるのかというと、ほとんどの人が、「論理とは何か」を知らないからなのですね。

そのために、とても論理的に話せているのに、「論理的に話せない」と漠然とした感想で判断を下してしまいます。

そして、論理力はなかなか身につかない「高尚なもの」的な扱いで、高い位置に置いて崇めてしまいます。


そもそも日本語自体が、論理性が認識しにくい言語構成ですので、仕方がないとも言えますが、もったいないですね^^;。

新田は、論理的に話すためのツールとして、「五段階情報整理法®」を開発しましたが、「論理力トレーニング教室」では、五段階情報整理法をベースに、論理の基本と人間思考の型などについて書いています。

長くなりましたが、ご興味のある方は、ぜひお読みになってくださいませ^^。

| | コメント (0)

2012年7月 3日 (火)

お久しぶりです^^;。

あがり症と話し方の専門家で、話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

約一カ月、ブログをお休みしてました・・・ーー;。

多忙を極めて、ということではなく、自分の時間が欲しくて、あえてブログを書かずにいてみました。

慣れとは不思議なもので、最初は、毎日訪問してくださる方のことなどが脳裏に浮かんで、罪悪感のようなものを感じて心が痛みましたが、やがてその感情も薄くなり、思考も断片的になっていきました^^;。

(まいにち訪問してくださっている方、ゴメンナサイーー)


60歳を過ぎても、学びたい、知りたいという意欲は変わらないのに、その意欲の先にある「何を」が見えず、
また、何か、自分にとっての核のようなものが見えない、見つからない、という焦りのような気持ちが長いあいだ根底にありました。

20代の頃から興味のあった哲学を再度勉強してみるべきなのか、比較文化なのか、もっと実用的なものなのか、まだよくわかりません^^;。

わからないときは、じっと見つめて考える・・・。

もうしばらく、惑いは続きそうです^^;。


ところで、
新田は20代のころから胃弱で、とくにここ数年は胃痛が悩みで、毎年の胃カメラは欠かせなかったのですが、実は、この胃痛が、たった一日で消えました!^^

何をしたかというと、一日一食にしたのです。

正確には、朝はミルクティや豆乳などの飲み物、昼はフルーツや小さなおにぎり、夜だけ普通の食事に変えたのです。

そしたら、その日から、毎日のように午後4時頃から始まっていた胃痛が、まったくなくなったのです。

不思議ですけど、本当です^^。
(体重は変わらないのですが・・・^^;)


まだ完璧にできているわけではなく、ときどき食べ過ぎてしまいますが、そのようなときには、必ず胃痛が起こります。

量が多いとお腹を抱えるような強い痛み、少ないと鈍痛で、やはり食事の量と関係が深いように思います。

胃痛や胃の不快感で悩んでいる方は、いちど試してみてください。
不思議なほど、胃の不快感が消えます^^。

ps
ブログ、週に一回以上は更新するようにしますね^^。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »