« あがりは他人からは見えない | トップページ | 人はなぜあがるのか──「話が下手」編 »

2011年10月25日 (火)

人はなぜあがるのか──「感情」編

コミュニケーションスクール・セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

10月も残りが少なくなってきました・・・早!^^;

さて今日は、「人はなぜあがるのか」ということについて書いてみたいと思います。

人はなぜあがるのでしょうか?

答えを見出すためには、「不安感情はなぜ発生するのか?」という視点で考えると早いかも知れませんね。

感情生起の仕組みや人間の仕組みを客観的に理解できれば、そこに一定の理論や解決法を見出すことができると思います。

また、だからこそ、あがり症を克服するためには単なる場数や練習ではなく、「あがり」と「あがり症」を分けて捉え、理論や人と脳の関係などを理解し、
そのうえでマネジメントによる感情や行動をコントロールし、自分を変えていかなければなりません。


さて、感情は、大きく「快感情」と「不快感情」の2つのグループに分類できます。

快感情のグループには、安心や自信、喜び、感謝などの言葉で表現される感情が属します。
一方、不快感情には、不安、恐怖、嫌悪、怒り、悩み、コンプレックスなどがありますね。

また、これら感情には、自分では認識できないほどの弱い感情から、身体症状を引き起こしてしまうほどの強い感情までがあり、人は、感情の種類や強弱によって行動や思考、言葉などが左右されます。

強い怒りで手が震える、あまりの恐怖心で声が出ない、といった経験をもつ人も多いとおもいますが、これらは感情の高ぶりが症状として出たということですね。

快感情の多い脳をもつ人は、人前であがることも少ないですし人間関係もうまくいくことが多いですので、
そのような意味では、感情が人生をつくるといっても過言ではありません。

では、ネガティブな感情をポジティブな感情に変えるには、どうすれば良いでしょうか。

次回はその方法について書いてみたいと思います。

本日は以上です。

|

« あがりは他人からは見えない | トップページ | 人はなぜあがるのか──「話が下手」編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あがりは他人からは見えない | トップページ | 人はなぜあがるのか──「話が下手」編 »