« 動揺 | トップページ | 上司に嫌われている(1) »

2011年5月24日 (火)

「立ち位置」

コミュニケーションスクール・セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

最近は散歩が日課になっている新田です^^。

さて今日は、ふと考えた「立ち位置」について書いてみたいと思います^^;。

私たちは日頃、それぞれの立ち位置でコミュニケーションをとっていますね。

たとえば、新田の場合の立ち位置は、講師として、講演者として、カウンセラーとして、書き手として、読み手として、子として、友人として、伯母として、知人として、マンションの住人としてなど、生活シーンによっていろいろあります。

会社員なら、○○会社の社員として、上司として、部下として、同僚として、友人として、恋人として、夫として、妻として、父として、母として、子として、孫としてなど、
一人の人間にはいくつもの立ち位置があり、それぞれの立ち位置=役割りに基づいてコミュニケーションをとっています。

この役割りに基づく行動の多くは無意識のもので、人は役割りによって、使う言葉や表情、態度、動作などを(無意識に)選別し、パフォーマンスとして表出しています。

この無意識のパフォーマンスが、さまざまなコミュニケーションの問題を生起させ、書店には問題解決のための本が山ほど並んでいる・・・。

その書籍の中の一冊を書くための切り口を探すべく、新田は今日も、こんなとりとめもないことを考えながら散歩をしてきました^^;。

ほんとにとめないですが、本日は以上で^^;。

|

« 動揺 | トップページ | 上司に嫌われている(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 動揺 | トップページ | 上司に嫌われている(1) »