« 上司に嫌われている(1) | トップページ | 上司に嫌われている(3) »

2011年5月30日 (月)

上司に嫌われている(2)

コミュニケーションスクール・セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

さて本日は、「上司に嫌われている」ことの「問題点とその数」が把握できたら、次は何をすべきか、について書いてみたいと思います。

問題点が把握できたら、次は「事実確認」をしましょう!

「上司に嫌われている」ことが事実であることの、「根拠」と「その理由」を見つけるのです。

それも、単なる推測レベルではいけません。きちんとデータとして収集し、根拠ひとつ一つに対して、なぜそのように判断できるのかその理由をすべて書き出し、客観的なデータにしていくのです。

たとえば、「上司の態度が以前と違う」ことから「嫌われている」と判断したのなら、「以前の態度と現在の態度の違い」をすべて書き出し、その一つひとつに対して根拠や理由を見つけます。

「その態度に至った背景や状況」から、「いつから、何が原因で」までを、具体的事実と考えられることのすべてをメモにしていきます。

この作業をしている間も、あなたの心の中には、「嫌われている」ことへの嫌悪感や不安感、絶望感等が去来し、悩まされると思います。
しかし、ここは大きく深呼吸して、自分の「感情」はいったん棚上げして他所に置いておき、まずは理性を駆使して事実関係を調べ上げましょう。

また、これらデータの作成は、自分が「問題点」として認識したすべてに対して行います(「問題点」については、上司に嫌われている(1)参照)。

時間はかかりますが、これをすることで感情的にならず、冷静な対応ができます。

具体的なな対処法については、次回にご紹介したいと思います^^;。

|

« 上司に嫌われている(1) | トップページ | 上司に嫌われている(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上司に嫌われている(1) | トップページ | 上司に嫌われている(3) »