« お詫び‐‐; | トップページ | 60歳! »

2010年12月24日 (金)

イエス様のご加護がありますように。

コミュニケーションスクール・セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

クリスマス、おめでとうございます!

皆さんに、たくさんの、イエス様からのご加護がありますように。
そして、いまここに在ることを感謝できますように・・・^^。


さて、新田は、
20歳のときにカトリック教会の洗礼を受けたクリスチャンであることは、以前にも書きましたが、今日はその頃のエピソードをご紹介してみたいと思います^^;。

新田がまだ深い惑いの中にいた20歳の頃、洗礼を授けてくださった神父様に、
「神父さまにとって、希望とは何ですか?」 とお聞きしたことがあります。

神父さまは「イエス・キリストです」とお応えになりましたが、若かった新田には、そのことの意味がよく分かりませんでした。

それからはずっと、
「人間にとって、イエス・キリストが希望になるとは、どういうことなのか」
の疑問があり、答えを求めていたように思います。

そして15年後、ふっと答えを得たように思いました。

「希望とは、死んでから待っていてくれる人がいることを、幼児のように信じることができること」

この啓示を得てからは、生きることが少し軽くなったように思えました^^;。


街は、クリスマスの華やぎを伝えて賑わいますが、イエス様は「愛しなさい」ということだけを伝えます。

そして、「『イエス・キリストの愛』とは何か」を追求した作家の遠藤周作は、
イエス・キリストの愛を、
「人間の哀しみに同伴する、『同伴者』としての愛」として昇華させました。


人々が不安や苦悩を抱えて生きるとき、
そこには必ず、その不安や苦悩、哀しみに寄りそうイエス・キリストの姿があることを、
新田も忘れずに (忘れていることが多いので^^;) 生きたいと願います^^。

皆さんに、神様からのたくさんの祝福がありますように!

ps
新田に洗礼を授けてくださった神父さまは、82歳の現在も、アフリカの貧しい子供たちのためにお元気に活動なさっています。

|

« お詫び‐‐; | トップページ | 60歳! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お詫び‐‐; | トップページ | 60歳! »