« あがり症克服(7) | トップページ | 沖縄講演2 »

2010年12月 7日 (火)

沖縄講演1

コミュニケーションスクール・セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

先月末から横浜市主宰の講演や沖縄県国語教育研究会での記念講演等が続き、
新田の脳内は嬉しい刺激に満たされています(*^-^)。

(今月は杏林製薬様での講演が控えており、いまからとても楽しみです(o^-^o))


実は、沖縄県の中学校の国語の授業では、
新田が言語化した「五段階情報整理法」を教材として、
中学生の皆さんの、論理力教育に役立てていただいています。

今回沖縄に伺ったのは、
沖縄県中学校国語研究会様の研究大会での記念講演と、
住宅タイムス新聞社様のご協力によるワークショップでした。


研究大会では、
浦添市立神森中学2年生の研究授業があり、
生徒の皆さんが実際に、
「五段階情報整理法」を使って発表している場面を拝見し、
とても感動しました。

中学2年生の「脳」は、
子供の脳と大人の脳が同居する繊細な時期なのですが、
皆さん堂々と発表されていて、
中には、接続詞を上手に使って発表している生徒さんもいて、
脳の論理力が無意識に発動していることを目の当たりにして、
とても嬉しく思いました。

子供たちの言語力の衰えは思考力の衰えにつながり、
それはやがて国力の衰えにさえ通じると個人的には思っているのですが、
「五段階情報整理法」が、
子供たちの思考力を鍛えるツールとして活用していただけるのは、
とてもありがたいです。


実は、「五段階情報整理法」による情報整理は、
とても「脳」の機能に即しています。

つまり、ひとつの事柄から思考をどう構築し深めるか、
またデータをどのように分析し、展開させるかの初歩学習に、
とても役立つツールであるということです。

今回の研究大会に参加させていただいて、
五段階情報整理法をぜひ全国の小中高の先生方に知っていただくべく、
新田もいろいろ啓蒙活動を考えなければとの、
視点をいただきました。


また、翌日に行われたワークショップには、
会社を休んで参加してくださった方も複数名いらして、
わざわざ時間を割いてご参加いただき、こちらもとても感謝でした(゚▽゚*)。

新田は普段かなり無口なのですが、
たくさんお伝えしたい情報があり、どちらも時間が足りずに、
90分、120分という時間があっという間でした。

たくさんの皆さまにお会いできたことを、とても嬉しく思います。

心からの感謝をこめて、
「ありがとうございました!」
の言葉をお贈りさせていただきたく思います(*゚▽゚)ノ。

|

« あがり症克服(7) | トップページ | 沖縄講演2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あがり症克服(7) | トップページ | 沖縄講演2 »