« 沖縄講演2 | トップページ | 新田の再生法^^。 »

2010年12月10日 (金)

佐々木新一さん

コミュニケーションスクール・セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

以前のブログで、新田は最近、YouTubeで、
佐々木新一さんの歌を聴いていることを書きましたが、
実は、つい先日、佐々木新一さんの新曲発表会に行ってきました(*^-^)。

何故か、理由は大きく3つでしょうか。


ひとつは、昔からファンで、
今も現役ということを知りましたので(スゴイですね)、
ぜひ、
ナマの歌を聴いてみたいと思ったのです(*^-^)。

なぜナマ歌かといいますと、
実は、YouTubeでいくつか曲を聴いているうちに、
「声」の年代、つまり、何歳ぐらいのときの声なのか、
その判別ができないことに気づいたのです。


その結果、
(佐々木新一さんは、今年でデビュー45周年ですが)
「デビュー以来、声が変わっていないのではないか?」
との疑問をもつに至りました。

(声の問題を解決する専門家としては、
(当然ですが)疑問は解消したくなります(*^-^))


また、この疑問を契機に、
「45年間も声が変わらない」奇跡のような声の持ち主の、
身体や骨格、筋肉などを、自分の目で確かめてみたくもなりました。
(これがふたつ目の理由ですね(*^-^))

そして、できれば、
日頃の呼吸法や発声法を、ぜひ本人に質問してみたかった、
というのが、3つ目の理由です(*^-^)。

実際に近くで拝見しますと、たしかにお若く、
とても64歳には見えませんでした。


「人は神経細胞と筋肉の束である」といわれますが、
64歳で、
高い音も低い音も出せるということは、
筋肉が柔軟で若い証拠、
これは予測ができました(*^-^)。

プロの方のナマ歌を初めて聞きましたが、
声ものびやかで、
プロとはこういうものなのかと、圧倒されました。

(とてもシャイな方とお見受けしたのですが、
 ユーモアのある話術やお人柄は、とってもステキでした(o^-^o))


また、ファンの方がたくさんいらしたので、
残念ながら、
呼吸法や発声法の質問はできませんでした。

さらに、仕立ての良いスーツに包まれて、
奇跡の声を作っている骨格も、よく分かりませんでした。

次にお会いする機会があれば、
実際に身体に触れて、
骨格や筋肉の硬さを確かめる機会をいただきたい、
などの願望がありますが、
ま、無理ですね(*^.^*)。


佐々木さんの音域の広さは本当にすごくて、
新曲の「里ごよみ」では低音の魅力が、
「全曲集」では高音の素晴らしさが楽しめます。

とくに、「りんごの花が咲いていたよ」の高音は美しく、
大好きな曲のひとつです。 (デビュー当時の歌声と思います)
http://www.youtube.com/watch?v=8k7O7eMJyZU

歌が始まると、サンザシ(バラ科)の花の美しい風景が流れて、
音だけでなく目でも楽しめます。
皆さんにはどのように届くでしょうか?(*^-^)

(1番と2番の間奏の、ピアノの旋律にも注目して聴いてみてください。
 弱く短いですが、聴く価値のある美しさです)

また、新曲や全曲集は、アマゾンで購入できますので、
ご興味のある方はどうぞ(*^-^)。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dpopular&field-keywords=%8D%B2%81X%96%D8%90V%88%EA&x=18&y=17

もちろん新田は、新曲も全曲集も購入し、
ituneでまいにち聴いてます(*^-^)。

本日は以上です(*^-^)。

|

« 沖縄講演2 | トップページ | 新田の再生法^^。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 沖縄講演2 | トップページ | 新田の再生法^^。 »