« あがり症克服(4) | トップページ | あがり症克服(6) »

2010年10月22日 (金)

あがり症克服(5)

コミュニケーションスクール・セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。今月は「あがり症」をテーマについて書いています。スピーチ不安や対人不安について詳しく知りたい方は、新田の著書 「心臓がドキドキせずあがらずに話せる本」&「練習3分 あがらない話し方教室」をお読みください。
ぜひホームページもご覧ください。→ http://www.droppies.com/

この1ヵ月前後で新田が取材を受けた「あがり症」に関する記事が、Webでも見ることができます。ご興味のある方はご覧ください(*^-^)。

MSN Japan
http://beautystyle.jp.msn.com/healthcare/column/mental/article.aspx?cp-documentid=4335062

仙台リビング新聞社(2010年12月位までリンクできるそうです)http://www.sendailiving.jp/backnumber/webliving/city/c101008/#page=2

『あがり症を克服して人気セミナー講師になった日本トップ3人』突撃インタビュー
(箱田忠昭先生、松本幸夫先生、新田祥子の順で音声が聞けます。それぞれの「あがり」に対する考え方の違いが面白いです。)
http://www.wh-aus.com/index.php?0free-0inter-agari

さて、新田は多くの受講者から、「職場であがらずに話せた」という成功体験や、「これまで断ってきた講演活動ができるようになった」というプロの方々からも嬉しいメールをいただきます。

どのメールにも、つつましやかな表現の中に喜びと感謝の気持ちが溢れていますが、本日はその一端をご紹介したいと思います。
(ご報告をくださった皆さん、ようやくご紹介ができます。遅れてゴメンナサイ!(゚ー゚;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【受講2ヵ月目での成功報告1】
新田先生、こんにちは。
ちょっとうれしい報告を・・・。実は今日、約40分ほど研修の講師をしましたが、バッチリでした(嬉)。
以前、研修の直前に精神安定剤を飲んで、終了後、副作用でひっくり返ったのが嘘のようです。(以下省略)

【講座修了後の成功報告2】
新田先生、嬉しい報告です。
仕事でシステム操作研究会の講師をすることになり、本日はその一回目でしたが、結果、自己採点は80点でした!

「器」を鍛えるべく口の体操を行ったり、また、以前のように原稿を丸暗記したり棒読みすることなく、イメージで話す訓練をした甲斐あってか、自分でも驚くほど落ち着いて説明することができました。

一緒にサポートに入ってくれた同僚からも、「語り声がすごく優しく、また分かりやすかった!」と言ってもらえました。(以下省略)

【受講2ヶ月目での成功報告3】
昨日、取引先にてプレゼン(40名)を実施しました。
取引先の社長も参加し、自社からも上司が同行して、プレッシャーのかかるプレゼンでしたが、結果は最高に上手くいきました!

緊張することもなく、一時間半ほど自分の言葉で、しっかりと周囲の人の目を見て、思いを伝えるプレゼンができました。
取引先からも、すごくいいプレゼンだったと好評価をいただきました。

今回は自分にとっても非常に自信になる、大きな収穫でした。

取り急ぎ、早く成果を報告したくてメールしました!
(※朝7時台のメールでした。出社後すぐに書いて下さったのですね(嬉))

【短期講座終了後の成功報告4】
昨日、職場で研修があり、まずはじめに・・・ということで、自己紹介をする機会がありました。いつもなら、焦って早口になって噛みまくり、変な終わり方になって、結局落ち込む、というパターンでした。

しかし今回は、自分でも余裕をもって話していることが分かりました。

きっと、脳のマネジメントができたこと、自分の弱点である舌のトレーニングをしたこと、そして『五段階情報整理法』という伝え方の形を獲得したことが、自信につながったのだと思います。
本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記のようなメールをいただくと、心から講座を開設して良かったと思います(*^-^)。

なぜこのように、多くの人が早い段階で成果を出せているのか。理由は、条件反射の遮断とマネジメント法の獲得にあります。

この2つをせずに、短期間で成果を出すのは不可能と考えますが、次回からは条件反射の遮断とは何か等について書いていきたいと思います。

本日は以上です(*^-^)。

|

« あがり症克服(4) | トップページ | あがり症克服(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あがり症克服(4) | トップページ | あがり症克服(6) »