« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月25日 (土)

あがり症克服(3)

コミュニケーションスクール・セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。7・8・9月は「あがり症」をテーマについて書いています。詳しく知りたい方は新田の著書 「心臓がドキドキせずあがらずに話せる本」&「練習3分 あがらない話し方教室」をお読みください。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

季節を一瞬で変えてしまう気圧とは何なのか・・・最近の新田はそれが知りたくて仕方がありません(*^.^*)。

さて、今日も合い言葉の、「ご無沙汰してます!」で始めたいと思いますが(゚ー゚;、
本日はこれまでの内容を整理する意味も含め、「人は学習する動物である」という視点から、あがり症克服について書いてみたいと思います。

新田は常々、あがり症は場数ではどうにもできないと提唱しています。

なぜ場数ではどうにもならないのか。ひと言で理由を説明するならば、“人は恐怖心に慣れることがないから”の一語に尽きます。

「あがり」は他者からの評価を気にし、「自尊心」を守ろうとして発動される情動(身体変化を及ぼすほどの強い感情)です。
その情動は、自己の存在(=自尊心=生命)に対する脅威から発動していますから、刃物を振り回す暴力人間への恐怖心よりも強烈な恐怖を喚起します。

また、人は「学習」による記憶の上書きで対処行動を身につけていく動物ですから、ドキドキしながらの場数は、まさに負の記憶の上書きにほかなりません。

ドキドキや震えは表層的に知覚できる感覚ですが、人の脳は、ドキドキや震えなどの身体症状を生起させる神経細胞の活性化や筋肉の収縮などをシステムとして学習し、記憶します。

つまり、ドキドキしながら場数を踏むということは、脳内の内的システムを強化することであり、そのシステムが定着してしまうと、「スピーチ」や「プレゼン」や「会議」といった言葉にさえ神経細胞が反応し、身体症状が出てしまうということです。

(そのために精神科医は投薬で、身体症状が出ない状態を作ります)

必要なのは、「ドキドキしないで話せている」場数です。

そのためにセルフコンフィデンスでは、最初のスピーチからドキドキせずに話すことの実現を必須とし、「身体症状の知覚がない状態で話す」記憶の上書きを重視しているのです。

なお、話し方教室に通っているときはドキドキしないで話せるという人もいると思いますが、そのような人も脳内情報が変わっていませんから、場が変わったりプレッシャーを感じるような場面に遭遇すると条件反射が出てパニックに陥り、あがってしまいます。

どのような場面でもあがらずに話すためには、
・条件反射を遮断し、
・一定期間の「あがらずに話せた」という記憶を上書きし、
・新たなあがりを作らないために脳を管理すること、
が大事で、まさに、あがり症の克服とは、「あがらない脳」をつくることであり、脳内情報を安心感で満たすマネジメントなのです。

新田はそのような視点でカリキュラムを作り、指導・介入しています。

本日は以上です(*^-^)。

| | コメント (4)

2010年9月 9日 (木)

あがり症克服(2)

コミュニケーションスクール・セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。7・8・9月は「あがり症」をテーマについて書いています。詳しく知りたい方は新田の著書 「心臓がドキドキせずあがらずに話せる本」&「練習3分 あがらない話し方教室」をお読みください。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

あっという間に8月が終わり、今年も残すところ4ヶ月となってしまいました(゚ー゚;。
(台風一過で今日は涼しいですが、今年の暑さは尋常ではないですね)

さて、あがり症克服2回目ですが、多くの人が、話し方が下手だからあがると思っているのではないでしょうか。
しかし、上手に話せているのにあがる人もいれば、残念な話し方なのにあがらない人もいます。

つまり、話の上手下手は、あがり症には関係がない、ということですね。

ただし、あがり症になってしまった人は、上手に話せなければなりません。

なぜなら、自分に注目することが習慣になっていますので、欠点やマイナス点に敏感に反応し、その反応があがりを強化しますから、あがり症の人は上手に話せている実感を得ることが大事です。

では、「上手な話し方」とは、どのような話し方をいうのでしょうか。

話の中身や内容でしょうか。それとも、ハキハキとした発音やスピード、間、声でしょうか。答えは、「いずれも」です(^-^;。

話の内容はその人の知性=情報ですので、新田が内容について介入することは、まずありません。せいぜい「てにをは」の介入ぐらいですね。
しかし、母音・子音を一音一音しっかり発音することや、呼吸法、ブレスの入れ方、声の鍛え方などには、ためらわずに介入します。

その結果、受講生の多くが、受講1ヶ月目か、2ヶ月目か、3ヶ月目か、OBかが話し方で判断できてしまいます(ホントですよ(*^-^))。

(それほど話し方に差が出るということですが、具体的なトレーニング法は、『練習15分あがらない話し方教室』か『練習3分もっと上手に話せる本』をご覧ください)

上手に話せている実感は自己評価を安定させ、脳内の安心感にもつながるため、あがり症克服には重要ですが、残念ながら、話し方の問題解決だけでは、あがり症からの解放を実現することはできません。

続きは次回に(*^-^)。

| | コメント (2)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »