« 7冊目の本が発売されました! | トップページ | あがり症克服(2) »

2010年8月25日 (水)

あがり症克服(1)

コミュニケーションスクール・セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。7・8月は「あがり症」をテーマについて書いています。詳しく知りたい方は新田の著書 「心臓がドキドキせずあがらずに話せる本」&「練習3分 あがらない話し方教室」をお読みください。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

なかなか更新できずに申し訳ありません

さて、今回からは、「あがり症の克服」について書いていきたいと思います。

あがり症を克服するためには、まずドキドキなどの身体症状を感じずに話せることが基本です。
ただし、この身体症状は内的な反応ですので、他人からは見えません。頭痛や腹痛などの「痛痒」が外からは見えないのと一緒ですね。

たとえ本人が、口から心臓が飛び出そうなほどドキドキしていても、背筋をシャンと伸ばし、しっかり声を出して話していれば、聞いている人には「堂々と話している」と伝わります。

しかし、声が震える、頬がピクピクするなど、耳に聴こえ目に見える症状が出てしまうと、「あがっているかも?」と疑問をもたれます。

克服するには、声の震えや頬のピクピクしないようにする必要があります。

同時に、あがり症の人にとってはこの身体反応が苦痛なのですから、身体症状を感じずに話せることは必須で、そのためにセルフコンフィデンスでは、最初のスピーチでドキドキなどの身体症状を感じずに話す、ということを実現しています。

ドキドキしながらどれほど場数を重ねても、恐怖心や嫌悪感が消えることはありません。
しかし、条件反射が遮断でき(=ドキドキせずに話せ)、脳内を安心感で満たすマネジメントができれば、二度とあがることはありません。

非常に複雑で単純なこれらを実現するためには、練習や場数ではどうにもなりませんが、適切な介入と指導を受ければ、誰にでも実現可能なことです。

長くなるので、本日は以上です(*^-^)。

|

« 7冊目の本が発売されました! | トップページ | あがり症克服(2) »

コメント

新田さんの講座で救われた一人です。お久しぶりです、新田さん!

それ以降人前でのスピーチは自分でも驚くほど楽になりました。
声が震えるなと思えば、教えていただいたことを思い出ししっかりと対処出来ています(笑)。
調子にのってプレゼンテーションの際にはマイクを持ちながら歩き回って、お客様の真ん中でお話をすることもあります。改めて感謝、感謝です。

残暑厳しい毎日ですがお体ご自愛ください。

投稿: 隼人 | 2010年8月29日 (日) 06:20

隼人さん、お久しぶりです!ヽ(´▽`)/

すっかりご無沙汰してますが、お元気そうでなによりです(o^-^o)

マイク片手に歩きながらのプレゼンテ‐ション、
背の高い隼人さんのカッコイイ姿に目に浮かびます(o^-^o)。

ブログがなかなか更新できず申し訳なく思いますが、
最近の新田は講演や企業研修が増え、相変わらずバタバタしております。

隼人さんもお忙しいと思いますが、お身体に気をつけて、ますますワールドワイドにご活躍ください!(o^-^o)

いつの日かの再会を、楽しみにしております!


投稿: 新田祥子 | 2010年9月 9日 (木) 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7冊目の本が発売されました! | トップページ | あがり症克服(2) »