« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

「言語力」の衰え2

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

前回の続きをすこし、書いてみたいと思います。

子供たちの言語力の衰えに、「言葉を覚える時期に、話し言葉だけに接している」ことも要因のひとつと書きましたが、たとえばそれは、「子供の会話が単語だけで成立している」ということからも窺われます。

子供が、「ご飯!」 「ジュース!」といっただけで、お母さん方はご飯やジュースを子供の前に置くのではないでしょうか。

これでは、子供の言語力は育まれませんね。

子供自身が、「ご飯が食べたい」という自身の欲求を知覚し、その欲求を叶えるために言葉を使って相手を動かすことを学習するためには、次のような伝達スキルが求められます。

初級
「ご飯が食べたい」
「ジュースが飲みたい」
中級
「お腹が空いたので、ご飯が食べたい」
「のどが渇いたので、ジュースが飲みたい」
上級
「僕は空腹なのでご飯が食べたいのですが、用意していただけますか」
「私はのどが渇いたのでジュースが飲みたいのですが、ジュースはありますか」

上記を、幼児期から段階的に学習し身につけることで、成熟したコミュニケーション力がつくのですが、単語だけの会話やメール、ゲーム、漫画の言語力では学習にならず、こみいった話や難しい話はできにくい思考回路が作られてしまいます。

その結果、複雑な思考や会話が必要になったとき、つまり成長したときに、稚拙な思考回路であったり、適切な言葉が浮かばずに、
キレやすくなったり極端に無口になったり、深い関係を避けて表面だけの関係で終わらせてしまうなど、言語力の衰えから、若者が抱える多くの問題透けて見えてきたりします。

もし子供が「ご飯」と単語をいったら、「ご飯がどうしたの?」と質問し、子供から「ご飯が食べたい」という言葉を引き出し、
さらに、「なぜ食べたいの」と質問して、「お腹が空いたから」という言葉を引き出す。

この地道な努力が子供の言語力につながるのですが、子供と丁寧に会話している賢いお母さんもたくさんいることを信じます(*^-^)。

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

「言語力」の衰え1

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

自宅そばの保育園から、子供たちの「ラッセー、ラッセー、ラッセーラー」と元気な掛け声が届く、とても平安な秋日和です(o^-^o)。

夏はダンサブル(dance+able(〜できる)=踊れる)な音楽でしたが、いまは太鼓と笛がリズムを刻んでいます。(太鼓や笛ができる先生がいるのも、珍しい(。・w・。 ))

さて、昨夜TVを点けたら、子供たちの「言語力の衰え」についての番組が流れていて、深夜にも関わらず注目して観てしまいました。
とくに、頭で考えたことを言葉に還元する力、が弱いようです。

番組では、家庭での会話の少なさやメールの普及などが原因として上げられていましたが、
新田は、子供たちが言葉を覚える時期に、「話し言葉」を多く聞き、「書き言葉」に接する機会が少ないことも要因のひとつであると考えます。

話し言葉(=表音文字)では思考に限界が生じ、感情優先の思考になりやすいです。
深い思考力は書き言葉(=表意文字)に多く接することで養われ、その思考力は、抽象的な思考の展開や豊かな発想力を可能にします。

すこし前にも、子供たちの学力の衰えとゆとり教育についていろいろ取り沙汰されたましたが、昔の人は野山でよく遊びながら、知力もたくましかったのは、何故でしょう。

番組では、子供たちに論理性を持たせるための、学校現場での取り組みなども紹介されていましたが、
番組をみながら新田は、ぜひ多くの先生方に『五段階情報整理法®』をお知らせしたい! と強く思いました(*^-^)。

今でもたくさんの中学・高校で使っていただいていますが、小学校でもぜひ使っていただいて、子供たちの論理力やコミュニケーション力を高めるツールとして役立ててほしいです。

そのためにどんな方法がとれるのか、熟考((*´v゚*)ゞ)し、何か行動を起こしたいと思います(*^-^)。

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

韃靼の馬

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

みなさんは、新聞小説、読まれますか?

気が短く、文章を楽しみたい新田は、基本的には読まないのですが、日経新聞朝刊に連載中の「韃靼の馬」は読むことにしました(*^-^)。

なぜかというと、理由は2つ(*゚▽゚)ノ。

言葉の運びが気に入ったのと、気を長くして読むことの学習になるような気がするためです。

辻原登という作家名は初めて知りましたが、この方の文章は読みながら素直に情景が浮かんできます。

つまり、文体との相性がよい(◎´∀`)ノ、これは大事ですね。

ところで、タイトルの「韃靼(だったん)の馬」、意味が気になりますね。

「韃靼」というのはモンゴル系の一部族の名まえのようですので、さしずめ「韃靼からきた馬」という意味でしょうか。

小説は1800年代の対馬の武士を中心に進むようですが、対馬地方では今も、自宅で馬を飼って楽しんでいる人が多いのだとか(先日その様子がBSで紹介されていました)。

あんがい小説中で、対馬人の馬好きのルーツが明かされるかも知れません。
楽しみです(o^-^o)。

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

即位20周年

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

即位20周年の記念式典、ニュースで見ましたが、良かったですね(o^-^o)。

とくに皇后陛下の、老いることの問題点が多く取り上げられるが、老いの寿(ことほぎ)にも目を向けたいという言葉には、感銘を受けました。

中立であり続けながら言葉を発するというのは、選択に苦慮されることが多いかと思いますが、両陛下のお言葉の用い方はいつも考えさせられます。

また、EXILEの方がサングラスを外して奉祝されたのも、とても健全で、日本人であることを意識した瞬間でもありました。

今日はオバマ大統領が来日されますが、新聞・テレビ気になりますね(*^-^)。

| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

韓流ドラマ^^)

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

昨年末にテレビが届いて以来、新田も韓国ドラマを数多く観るようになりました(*´v゚*)ゞ。(BSは韓国ものが多いので(*^-^))

テレビの観過ぎは好ましくないので、早く飽きるようにパターンなどを分析していて、ふと気付きました。

ドラマは、愛憎を描いているのではなく、「罪の赦し方」を描いているのですね。。。

セリフやストーリーから儒教の影響が大きいことが分かりますが、底には常に赦しの心が流れています。

江戸時代の初期、日本にも儒教がありました。

しかし江戸社会の安定とともに形骸化し、やがて忘れられていきましたが、韓国では今も強く残っているのですね。

今の日本人に、あのような愛憎劇、人間模様はとても描けないと思いますが、なぜ描けないと思うのかについては、時間のある時にでも書いてみたいと思います(*´v゚*)ゞ。

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

木枯らしが・・・^^;)

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子の公式ブログです。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

初雪のニュースも届き、今年も残り2ヶ月が実感できる冷え込ですね~Σ(゚д゚;)。

文化の日の今日、新田も久しぶりのまるごと休日で、いっきにメールの返信を・・・(゚ー゚;。
(遅れた方、ゴメンナサイ!)

ついでに、ブログも更新できました(o^-^o)。

いまからじっくり新聞を読みます・・・(◎´∀`)ノ。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »