« ご報告! | トップページ | WBCメンバーを、話し方を視点に観てみると »

2009年3月25日 (水)

閑話休題ー複数の本を同時に読む

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 「論理力トレーニング教室」の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

花冷えですね~、なかなかブログが更新できません(;;;´Д`)。

さて、とりあえずの記事ということで(^-^; 皆さんは、本は一冊ずつ読むほうですか?

新田は読みたい本がたくさんあるので、通常は3冊を同時に、ときには5冊同時に読んだりします。

新田が複数冊を同時に読むときのコツを、2つご紹介します。

ひとつは、本の内容を変えるということです。

たとえば、専門書、ビジネス書、ミステリー本、歴史本、話題の書など、本の分野を変えて読み始めます。

2つ目のコツは、飽きたり眠くなったらすぐに別の本を読む、ということです。

人間の集中力には限界がありますから、集中力のないときには軽めの本を斜めに読む、ということもよくします。

以上、閑話休題でした。ぜひ試してみてください(゚ー゚;

|

« ご報告! | トップページ | WBCメンバーを、話し方を視点に観てみると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご報告! | トップページ | WBCメンバーを、話し方を視点に観てみると »