« 閑話休題ー複数の本を同時に読む | トップページ | 水ぬるむ季節に^^) »

2009年3月26日 (木)

WBCメンバーを、話し方を視点に観てみると

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 「論理力トレーニング教室」の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

WBCで日本が世界トップになり、選手たちのコメントが連日ニュースで放送されてますね。

新田は、イチロー選手というときに、“イチロー投手?”と不安になるぐらい野球音痴なので、今日は選手たちの“話し方”について寸評してみたいと思います。

話し方でも素晴らしいのは、イチロー選手ですね。

舌やアゴ、表情筋のリズムが安定していて聞きやすいですし、話し方にも説得力があります。

(ややアゴの動きが硬いですが、セルフコンフィデンスの修了生に近い、上手な話し方をしています(゚▽゚*)。)

無意識と思いますが、イチロー選手は、アゴの動きの硬さを、話すときのスピードでコントロールしているため、「え~、あ~」の間投詞が出ないのですね。

松坂選手は、やや間投詞が多いですね。

原因は舌とアゴの動きのバランスが悪いためですが、一回のトレーニングで改善するので、ぜひご指導をしてみたいです( ̄ー ̄)ニヤリ。

原監督はアゴの動きもよくて聞きやすいのですが、ところどころで間投詞が気になります。

原因は、松坂選手とは異なりますね。

原監督の場合は、呼吸の乱れ、つまり、興奮することが多いのだと思います。その興奮が呼吸を乱し、「え~、あ~」という間投詞を入れることで話のリズムを整えている、と推測します。

野球を知らなくても、WBCのニュース楽しめます(*^-^)

|

« 閑話休題ー複数の本を同時に読む | トップページ | 水ぬるむ季節に^^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 閑話休題ー複数の本を同時に読む | トップページ | 水ぬるむ季節に^^) »