« 「テーマ」が決まれば、ストーリー簡単にまとめられる | トップページ | メモはキーワードで »

2009年3月 1日 (日)

「背景」の整理法

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 「論理力トレーニング教室」の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

いよいよ3月、木の芽もふっくらしてきて、春が近いことを知らせています(o^-^o)。

さて、前回の続きです。

皆さんは、背景にどのような言葉を入れたでしょうか。

ここで少し、背景を作るための視点を述べてみます。視点・論点を明確にした情報整理はとても大切です。

まず、結論にある「海外旅行」には、最初の旅行から現在までが含まれ、理由の「リフレッシュできる」というのは、現在の感情を表しています。

ですから、背景を考えるときは、「結論」で最初に行った海外旅行のことを想定して5W2Hで言葉を引き出し,、「理由」のところでは、「現在」の自分の状況を語る、という視点をもちましょう。

(上記はあくまでも仮定です。自分は何を話すのか、その視点が定まればOKです)

背景(「結論」の「海外旅行」を5W2Hで考える)

(最初に海外旅行に行ったのは・・・)

いつ? 大学の卒業祝いで

どこに? イギリスに

誰と? 同級生の仲良しグループ3人で

どれぐらい? 約2週間

どうだった? 素晴らしかった 毎日が感動で、それ以来、海外旅行がやみつきに

「理由」の「リフレッシュできる」を5W2Hで考える)

なぜリフレッシュしたいの? 仕事は楽しい、しかし、忙しいためストレスも多い

どんな仕事をしてるの? 機械販売の営業 

いつから、なぜ忙しいの? 4月に昇進して部下ができ、これまでの仕事に加え、部下の指導やマネジメントが増えた

上記のようにいくつかの言葉を表記したら、これを読み上げるだけでわかりやすいスピーチが作れます。

皆さんもさっそく実践してみてください。次回は上記を接続詞を使って読み上げてみます(゚ー゚)。

|

« 「テーマ」が決まれば、ストーリー簡単にまとめられる | トップページ | メモはキーワードで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「テーマ」が決まれば、ストーリー簡単にまとめられる | トップページ | メモはキーワードで »