« 話し方の「技術」と「認知」 | トップページ | ご無沙汰してました^^;) »

2009年2月 6日 (金)

考えたことや伝えたいことを、うまく言葉にできない

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

またまたブログが遅れ気味で、ゴメンナサイdespair

前回までは「話し方」についてざっくりと書きました。今回からは、“話す”ための「情報整理」についてご紹介します。

理屈っぽい新田としては、“話し方”と“話す”ことの違いについてひと言述べたいところですが、混乱するといけないので、“話す”ことについては次の機会にしたいと思います。

さて、「考えたことや伝えたいことを、うまく言葉にできない・・・」という人は多いと思います。

親しい人や恋人に「言葉にできない・・・」と率直に言えるのはOKですが、ビジネスシーンではマズイですねcatface

言葉にできない理由はいくつも考えられますが、どう伝えたら良いのか、その方法が分からない、という人も多いのではないでしょうか。

そういう方にお勧めしたいのが、五段階情報整理法というものです。

詳細は明日、お伝えします。

|

« 話し方の「技術」と「認知」 | トップページ | ご無沙汰してました^^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 話し方の「技術」と「認知」 | トップページ | ご無沙汰してました^^;) »