« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月29日 (木)

声の問題を解決する

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

声は第二の人格といわれますが、声に問題を抱える人はたくさんいますね。

例えば、あがり症の人に多いのが、「声が震える」という問題です。

原因はいくつかありますが、大きくは下記の4点です。

ひとつは、身体が硬直したために声も震えてしまうという人です。これは簡単でやっかいです。

なぜ簡単なのにやっかいかというと、そこには技術的な問題と認知の問題が絡んでいるからです。

身体硬直による声の震えは、ほとんどの場合、短期間で克服できます。しかし、声というのは息で声帯を震わせて出す音ですから、もともとビブラートがかかっています。

また、私たちは他人の声は外耳で聞きますが、自分の声は内耳で聞きます。そのため内耳で聞く自分の声は、ビブラートがやや大きく聞こえます。

そして、声に敏感になっている人は、このビブラートを震えとして認識し、そこに強い思い込みや信念があるために、声の問題と同時に認知の問題の解決が必要になります。そのためにやっかいで難しいのです。

ふたつ目の問題は、声をだすための器が震えているという人です。

声を出すための器とは、かんたんにいうと口の周囲や唇のことですが、口の周囲や唇の筋肉が弱くなると、声は震えた音として外に漏れてしまいます。

上記は、年齢からくるものでない限り改善はできますが、やや時間がかかります。

三つ目は、息に問題があるケースです。

息の問題もいくつかに分類でき、息自体が震えているという人もいますし、呼吸が浅いことや吐く息が弱いために震えてしまうという人もいます。

上記の場合は、震えないで息を吐くというトレーニングから始まりますので、克服までにはやや時間を要します。

最後の四つ目は、ファルセット(地声と裏声の中間の声)で話すことが習慣になっているために、不安定な声になってしまうというケースです。

上記は比較的女性に多いのですが、こちらも容易に解決ができる人と、時間がかかる人に分かれます。

普段は地声という人は、比較的容易に解決できます。

しかし、生まれてから一度も地声で話したことがないという人は、地声を出すためのトレーニングから学習しなければなりませんので、人によって解決時間が異なります。

また、声に問題を抱える人の中には、上記の4つが混合している場合も多く、諦めずにトレーニングを続けることが肝要です。

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

しっかり伝えるための「話し方」とは

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

さて、昨日の続きです。

うまいといわれるスピーチの基本は、「短文で話す」、「分かりやすい言葉を使う」、「しっかりと間をとる」、「母音・子音をしっかりと発音する」ということでしたが、これらを実現するためには、どこをどうすれば良いでしょうか。

答えは新田の本に書いてありますか、いくつかご紹介しましょう。

「短文で話す」

上記を実現するためには、マル「。」の多い話し方をすることです。マルの多い話し方ができれば、「接続詞を使う」といった高等テクニックもたやすく導入できます。

「分かりやすい言葉を使う」 

これは簡単ですね。小学生にも分かるような言語を使うということです。もし専門用語を使うのであれば、用語解説を加えながら話を展開させれば良いのです。

「しっかりと間をとる」

“間をとりましょう” 言うのは簡単ですね。では質問です。どうしたら間をとることができるでしょうか。どうしたら間が取れるのか、何か方法が浮かびましたか。

何も方法が浮かばない、という人は間をとることができませんね。

間をとるためには、点「、」で一回、マル「。」で二回数えましょう。そうすれば簡単に間をとることができます。

ただし、あがり症の人はこの「間」が怖いです。「間が怖い」というのは認知の問題ですから、その恐怖心を解決するには別の指導が必要になりますね。

「母音・子音をしっかりと発音する」

上記の実現は、なかなかやっかいです。母音・子音をしっかり発音するためには、表情筋や口の周り、舌の筋肉のトレーニングをしなければなりません。

トレーニング法の詳細は著書に書いてありますので、そちらをご覧くださいませconfident

「説得力のある話し方」、あるいは「上手な話し方」というとき、私たちはともすれば内容に注目しがちですが、内容も大事ですけれども、大部分の問題は「話し方」を変えることで解決できます。

先日、セルフコンフィデンスの受講生の方が、「話すということが、これほど奥が深いとは・・・」と仰っていましたが、私たちが日々な何気なくおこなっている「話す」という行為は、実はとても奥が深いのですconfident

| | コメント (0)

2009年1月27日 (火)

スピーチの基本

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

私たちがオバマ大統領のようにスピーチするには、どうしたら良いか。

その答えを見つけるために、オバマ大統領のスピーチの特徴を分析してみましょう。

いくつか目についたことがありましたが、ひとつは、短い文節で、分かりやすい言葉を使っていました。さらに、じゅうぶんに間が取れ、言葉も明瞭でした。また、声には力強さがあり、表情や動作、まばたきや目の動きなどにも、一点の迷いも感じさせませんでした。

私たちがもし、あのような話し方を実現したいのであれば、上記の点を自分のものにすれば良いのです。

短文で話す、分かりやすい言葉を使う、しっかりと間をとる、母音・子音をしっかりと発音する・・・等々を実現すればよいのです。

上記は、英語、日本語といった言語を問わず、説得力のある「話し方」の基本。日本語でもじゅうぶんに実現可能ですね。

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

オバマ大統領のように話すには

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

さて今週は、プレゼンや人前での話すことを得意にするにはどうしたら良いか、ということについてご紹介するのでしたね。

復習になりますが、ここで改めて、以下の視点をもっていただきたいと思います。

それは、「“話す”という行為には、その人の全人格が表れる」ということです。人格とは何かというと、その人の思考や態度、動作、行動のことです。

例えば、オバマ大統領の就任演説、素晴らしかったですね。

全世界の人が注目し、見つめ、耳を傾けたと思いますが、彼の話し方からは、「世界のお父さん」に相応しい自信と力強さ、厳しさ、情熱が伝わってきました。

たとえ英語が分からなくても、多くの人が大統領の話し方から、自信や気概、気構えといったものを感じとったのではないでしょうか。

しかも、あの長い演説をメモを見ず、暗記ではなく、考えながら、自分の言葉で世界に伝えました。

私たちがもし、ビジネスシーンでオバマ大統領のように話すには、どうしたら良いのでしょうか。

それについては明日以降でご紹介します。

(本日の記事は著書中は書いてありませんwink

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

著書すべて増刷決定!^^)v

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

今日、編集者から連絡があり、「心臓がドキドキせずあがらずに話せる本」も増刷が決定しました。

2009年1月は、著書すべての増刷が決定した、記念すべき月^^)。

新田の本は「あがり症」や「対人不安」、あるいは「話し方」といったコミュニケーションの問題で悩んでいる方に向けて書かれたものです。

コミュニケーションは生きるための基本、誰にとっても重要なものですね。

少しでも多くの方に読んでいただき、人生や自分を変えるきっかけにしていただければと願います^^)。

| | コメント (2)

2009年1月22日 (木)

人前で話すことやプレゼンを得意にするには

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

人前で話すことやプレゼンが上手になるには、どうしたら良いでしょうか。

答えは簡単ですね、昨日書いた、3つを変えればいいのです^^;)。

一つは、情報整理力を高める。二つ目は、声や発音などの話し方を変える、三つ目は、思考や感情を的確に表現するための語彙を増やす。

まず上記の3つを実現することが基本ですが、では、上記の3つを実現するためには、「なに」を「どうしたら」よいのでしょうか。

それについては、次週からブログに書きますね^^;)。

でも、全部をいっきに知りたいという人は、新田の本をご購入くださいませ^^)。

読者からは、

「自分のことが書かれている」、

「読後、とても爽やかな気持ちになれた」、

「この本に出会ったことで、人生が変えられるかもしれないと思い、希望がもてた」

というメールやお便りをいただきます。ぜひお読みくださいませ^^;)。

| | コメント (0)

2009年1月21日 (水)

話が下手だからあがる?

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

多くの人は話すことが下手だからあがる、と考えているようですが、それだけが原因であがるという訳ではありません。

とても上手に話せていても「あがる」人はいますし、支離滅裂な話し方でも「あがらない」人がいて、あがり症と話の上手下手はイコールではありません。

人が「話が下手」と認識する背景には、大きく3つの理由が考えられます。

一つは、考えたことを言葉に換言するための「情報整理力」に問題がある、という人です。

このタイプの人は、考えたことを言葉にすることができずに苦手感を強めますが、文章を見ると問題点がだいたい判別できます。

二つ目は、情報整理はOKなのだけれども、声や言葉にして伝える場面に問題がある人です。

声が震える、小さな声しか出ない、言葉がはっきりしない、早口、「エ~」や「ア~」の間投詞が多いなどですが、こちらは技術の問題ですから、適切な指導を受けることで、比較的容易に解決を図ることができます。

三つ目は、語彙の不足から、自分の考えや気持ちを表現する言葉が見つからないというタイプです。こちらは30代半ばのサラリーマンに多くみられるタイプかと思います。

上記は、表面的にはいずれも「話が下手」として認識されますが、問題の背景や原因が異なりますから、それぞれへの指導法も違ってきます。

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

感情の発生を促すもの

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

年末にテレビをみていたら、バラエティ番組である大学教授が「脳なんて、物質の化学反応にすぎない・・・」ということを云っておりました。

「脳な・ん・て」という表現はさておき、この言葉は新田にいろいろと考えさせてくれました。

人体をはじめとするあらゆるものは何らかの物質が集合してできており、それら物質間の科学反応のひとつに感情も含まれます。

そして、この感情の発生を促すものが「認知」です。

認知とは「認識」と「知覚」のことですが、「認識」は知覚によってもたらされた情報を把握する力、つまり意識を指します。

また、情報は「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」の五感に加え、「内臓感覚」や「平衡感覚」といった感覚も含まれ、脳にとってこれらは刺激となります。

なにやら難しいですが、つまるところ、私たちは脳とのコミュニケーション(情報伝達による反応、反射)によって生命を維持し、生きているということです。

あがり症を克服に導く話し方教室の講師であるコミュニケーションカウンセラーが、なぜ上記のような知識をもつことが大事かというと、相手に対する「言葉」が違ってくるからです。

脳内の科学反応は物質によって起こりますが、「言葉」によっても起こります。

自己や他者に対して否定的な言葉を多用している人と、肯定的な言葉を多用している人とでは、脳内の環境が異なるほど、言葉の影響は大きいのです。

また、もしこの世に言葉がなかったら文明はこれほど発達せず、人間の知性もこれほど高くはならなかったであろうことを考えると、母語としての言語の重要性に気づくのではと思います。

| | コメント (0)

2009年1月19日 (月)

評価が怖い

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

前回は、あがりは脳が本能的に感じる不安、恐怖心であると書きましたが、何に対する不安、恐怖心かというと、他者からの「評価」に対して感じる不安、恐怖f心です。

他の人にどう思われるかが気になって自意識が敏感になり、そのために心臓がドキドキしてしまいます。

また、「声が震えている」ということを認識した途端に息苦しくなったり、言葉に詰まっただけで頭がまっ白になって、緊張感やあがり度が一気に加速したということは、多くの人が経験しているのではないでしょうか。

このほか、出世して役職についた途端にあがるようになってしまった、という人も多いと思います。

声が震える、言葉に詰まるという相談は新田のとことにも数多く寄せられますが、実はこれら症状の問題に加え、上記症状によって他人がどう評価するかを怖れるという認知の方がより大きな問題。

克服には声の震えなど問題症状を無くすのはもちろん、メンタル面のコントロールも不可欠です。

それが克服に必要なマネジメントですが、あがり症に関わらず、メンタルコントロールは今やビジネスマンにとって欠かせないものになってますね。

| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

3冊同時に増刷決定!^^)

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

余談ですが、新年早々、嬉しいお知らせがありましたので、お知らせします。

実は、「「とっさのひと言フレーズ集」と「あがらない話し方教室」、「論理力トレーニング教室」の増刷が決定しました!^^)

とくに「論理力トレーニング教室」は、発売して一ヵ月半での増刷。たくさんの方に読んでいただいているようで嬉しいです。

本来、人間の脳は論理的にできています。

というのも、脳の役割りは、私たちが安全で安心して生きられるように生命をサポートすることにあるので、とても論理的なのです。

著書にはその辺りについても書いてあるので、皆さんぜひ読んでみてください。

とくに論理的であることに苦手感を持っている人には、お勧めです^^)。

また、「とっさのひと言フレーズ集」は、会話が苦手という方や、職場や取引先の人と何を話したら良いのか分からないという方にお勧めです。

もちろん、あがり症を克服したい方には「あがらない話し方教室」、対人不安がある方には「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」がお勧めです^^)。

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

あがり症は条件反射である

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

あがり症を克服するためには、「あがり」と「あがり症」の違いについて知る必要があります。

昨日ご紹介したように、あがりは不安感情で脳による「本能」、あがり症は学習によって身につけた「条件反射」です。

条件反射とは、思考や身体の反応がパターン化してしまった状態をいいます。

たとえば、梅干しやレモンなどを想像すると、自然に口の中に唾が自然に出てきますが、これと同じように、人前で話すことを想像しただけで心臓がドキドキし、嫌な気分になってしまうことが、あがり症です。

この反射には、本能的なものと条件づけられたものがあり、梅干しやレモンは後天的な学習によって条件づけられた反射です。

また、赤ちゃんがこの世に誕生した瞬間に呼吸を開始することや、熱い鍋に手を触れた瞬間に手を離す行為、強い風が吹いた瞬間に目を閉じてしまうのは本能的な反射で、心臓のドキドキもこれと一緒です。

ただし、くどいようですが、あがり症はたびたびのあがりを経験するという学習によって条件づけられた反射ですので、本能とな異なります。

克服には、精神科医やカウンセラーなど専門知識をもつ人の適切な指導、新しい条件づけが必要になります。

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

人はなぜあがるのか

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、自著「心臓がドキドキせず あがらずに話せる本」 「あがらない話し方教室」 の中から抜粋した記事をご紹介しています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

皆さんは、人はなぜあがると思いますか?

誰でもあがるのだから仕方がない・・・と諦めてしまっては、せっかくの人生もったいないですね。

なぜあがるのかというと、脳による防衛本能が働くからです。

人と話すときや人前で話すときに感じる「あがり」や「緊張」は、その人の中にある「不安」や「恐怖心」ですが、これらは誰もが本能的に感じるものです。

この不安や恐怖心は「感情」で、克服には感情のコントロールができることが重要なのですが、これら不安感情は私たちの日常生活の中にたくさんあります。

たとえば、飛行機に乗るのが怖いという人やクモやヘビが怖いという人、電車に乗るのが怖い、外に出るのが怖いという人もいます。

上記は、症状が進むと「パニック障害」という病気となり、投薬と心理療法による克服事例がたくさん報告されています。

上記のように病的でなくても、大声でわめいている挙動不審な人が同じ車輌に乗ってきたら、それだけで心臓がドキドキしますが、身体反応はいずれも同じです。

また、多くの方がご存知のように、対人不安やスピーチ不安については、「SAD(社会不安障害)」という病気として、投薬治療や心理療法による治療法の研究報告があります。

実践なしでの克服法はありませんが、場数だけで何とかなるほど単純な問題ではなく、心理教育は欠かせません。

そして、場数が必要になるのは、心臓のドキドキなどの身体反応が出なくなってからです。

あがり症という「条件反射」が遮断されてからは場数を踏むことも大切ですが、ドキドキしながら場数を踏むのはむしろ逆効果、あがり度が強化されてしまいます。

明日は、「条件反射」についてお話します。

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

アナログ生活

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方、他について書いています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

ブログ更新、すっかりご無沙汰してしまい、申し訳ありません。

年末から新年にかけてのアナログ生活がしっかり身についてしまい、パソコンは3日に一度ぐらいしか開かなくなってしまっていました・・・><)。

浮世から遠ざかった生活でしたが、先日、なかなか面白い記事を見つけましたのでご紹介します。

ご覧になった方もいると思いますが、物理学者で俳人の有馬朗人氏が10日付けの日経新聞夕刊の記事中に、日本人の平均寿命を調べていました。

それによると、縄文時代31歳、弥生30歳、古墳31歳、室町33歳、江戸45歳、明治43歳、大正45歳。

昭和に入って、昭和10年男47歳、女50歳、昭和22年男50歳、女54歳。そして平成10年には男77歳、女84歳であるということです。

不安定な社会状況ですが、思わず、平和で長命な時代に生まれたことを感謝したくなった記事でした^^)。

| | コメント (0)

2009年1月 5日 (月)

明けましておめでとうございます!

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方、他について書いています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

明けまして、おめでとうございます!

穏やかな天気に恵まれ、なにやら嵐の前の静けさの中で年が明けたような気もしますが、皆さまはどのようなお正月を過ごされましたでしょうか。

新田は、テレビを観、本を読み、空を見ながら思索を楽しむ、とても理想的なお正月を過ごすことができました^^)。

経済、社会、政治、いろいろ問題がありますが、すべては積み重ねの結果。初心に立ち返り、新しい年に臨みたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします^^)。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »