« 言葉の使い方でも意欲が低下 | トップページ | 短期講座終了^^) »

2008年9月13日 (土)

やる気を無くす5つの言葉

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。9月は「ビジネスマンのメンタルトレーニング」をテーマに書いています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

日頃から自分にプレッシャーをかける言葉を多用している人は、徐々にやる気をなくし、心に深い影響を与えます。

どのような言葉が人のやる気や意欲を喪失させるのか、大きくは下記の5つであろうと思います。

①欠点を指摘する言葉。自他に対して、あそこがダメ、ここが悪い、といった言葉を使っている人は、不満ばかりでやる気を失います。

②完璧を求める言葉。「完璧」という空を掴むような言葉を使っている人は、どんな状況でも満足ということを知らず、気持ちはどんどん萎縮してきます。

③他人と比較する言葉。常に他人と比較していると、常に人の目が気になり、不安と嫌悪の山ができてしまいます。

④自発的行動を否定する言葉。「どうせ」や「やっぱり・・・」といった、諦めた言葉を使いながら、やる気を出せというのは無理ですね。

⑤達成できそうにない目標を実現しようとする言葉。高すぎる目標に向けて頑張れといっても、挫折感しか体験できません。

上記の言葉を自分や部下、周囲に使っている人は、確実に人や人生をダメにする道を歩んでいるといえます。

皆さんは日頃、どんな言葉を多く使っていますか?

ps 今日から3日間の短期講座。体力温存して、頑張ります!^^;)

|

« 言葉の使い方でも意欲が低下 | トップページ | 短期講座終了^^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 言葉の使い方でも意欲が低下 | トップページ | 短期講座終了^^) »