« 解釈によって変わる感情 | トップページ | お詫びを><) »

2008年9月25日 (木)

感情のコントロール(1)

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。9月は「ビジネスマンのメンタルトレーニング」をテーマに書いています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

不都合な感情の種類は個々によって異なりますが、どのような感情であっても、コントロールするためのポイントは大きく3つに分けることができます。

ひとつは、「動作を変える」ということです。

たとえば、大きな声で怒りを表出していた場合には、声を出すのを止めてみると冷静になります。

また、不安や恐怖で視線が泳いでしまっている場合は、どこか一点を見つめ、泳いでいる視線を安定させます。

さらに、気力が萎えて意欲や元気が出ないとき、たいていの人は背中が丸くなって、胃を抱きかかえるような姿勢になっていますから、姿勢を正しい位置に戻します。

正しい姿勢は、おへそを前に出して腰骨を垂直にし、肩を開くということを意識すると作りやすいです。

動作と感情は相互に作用しあいます。

感情を変えたければまず動作を変えて、高揚した感情をいったんリセットし、冷静さを取り戻しましょう。

|

« 解釈によって変わる感情 | トップページ | お詫びを><) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 解釈によって変わる感情 | トップページ | お詫びを><) »