« 「打ち合わせ」は音楽用語から | トップページ | げてもの »

2008年7月23日 (水)

たわけもの!

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。7月は途中から「日本語の謎」(出:河出書房新書)を書いています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

新聞を開けば悲惨な事件が目に飛び込んでくる毎日に、おもわず「たわけもの!」と罵声を浴びせたくなりますが、

この「たわけもの」、漢字では「田分者」と書くそうです。

遺産相続は昔も今も変わりませんが、農家では子供に田畑を分け与えることを繰り返すと、やがては農地がなくなり、食べるにも困る・・・。

つまり、田を分け与えることはおろか者がすることだ、ということから、バカ者を「たわけ者」と呼んだのだそうです。

ん~、今では時代劇の中の言葉になってしまったでしょうか・・・><)。

|

« 「打ち合わせ」は音楽用語から | トップページ | げてもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「打ち合わせ」は音楽用語から | トップページ | げてもの »