« しみったれ^^;) | トップページ | 「おもちゃ」を弄び? »

2008年7月28日 (月)

チャキチャキの江戸っ子

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。7月は途中から「日本語の謎」(出:河出書房新書)を書いています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

本日は江戸っ子つながりで・・・^^;)。

かつてはチャキチャキの江戸っ子といいましたが、最近はほとんど聞きませんね。

この「チャキチャキ」、実は平安時代から使われていた言葉だそうです。

たとえば、『平治物語」に、源義平(みなもとの よしひら)が、「幸いに源義平氏(うじ)の嫡々(ちゃくちゃく)なり」と書いて、

自分が、由緒正しい源氏の血筋であることを自慢しているそうです。

この「嫡々」が「チャキチャキ」に変化し、チャキチャキの江戸っ子=由緒正しい血筋の江戸っ子として使われているそうです。

幾世代にも渡ったこんな素敵な言葉は、ぜひ残したいですね~^^)。

|

« しみったれ^^;) | トップページ | 「おもちゃ」を弄び? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しみったれ^^;) | トップページ | 「おもちゃ」を弄び? »