« 本命 | トップページ | たわけもの! »

2008年7月22日 (火)

「打ち合わせ」は音楽用語から

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。7月は途中から「日本語の謎」(出:河出書房新書)を書いています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

お久しぶりです!^^) 

猛暑の連休、皆さまはどのようにすごされたでしたでしょうか・・・^^;)

さて、仕事開始の今日は、朝から「打ち合わせ」という方も多かったのではないでしょうか。

どうやらこの「打ち合わせ」という言葉、音楽業界から生まれたようです。

昔、雅楽と演奏するときに、笙や琵琶(びわ)の奏者と、太鼓など打楽器の打ち物の人が合同で練習することを、「打ち合わせ」と呼んでいたそうです。

それが明治時代に入ってから意味が変わり、現在のように事前の協議といった意味で用いられるようになったのだそうです。

知ってみると、なかなか面白いですね^^;)。

|

« 本命 | トップページ | たわけもの! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本命 | トップページ | たわけもの! »