« 日本語の謎 | トップページ | バクチ言葉? »

2008年7月11日 (金)

うんともすんとも

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。7月も「日々随想」で書いていきます。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

今日も「日本語の謎」(河出書房新書)からです^^;)。

何も反応がないことを、「うんともすんともいわない」といいますが、この言葉、江戸中期の遊びから出た言葉のようです。

江戸中期、長崎には、オランダ伝来の「うんすんカルタ」というものがあり、一時的にブームになったそうです。

しかし、ほどなく飽きられ、姿を消したのですが、

そのときに、「うんすんカルタ」がすたれたことを、「うんともすんともいわなくなった」といっってからかったことが、

「うんともすんともいわない」という言葉として残ったのだそうです。

なるほど~、ですね^^;)。

|

« 日本語の謎 | トップページ | バクチ言葉? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本語の謎 | トップページ | バクチ言葉? »