« 佳いお知らせを^^) | トップページ | 祈 ご冥福 »

2008年6月 6日 (金)

乱暴?

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。6月は「日々随想」で書いています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

最近、事件に対する新聞報道の言葉の曖昧さが気になっているのですが、ここ数日も、フィギュアスケートコーチの強姦事件報道に?マークが浮かんでいます。

記事中に、乱暴、暴行、逮捕後には強姦傷害と3つの文字が踊りますが、乱暴、暴行で犯罪内容が正確に伝わるのでしょうか。

机に強く本を置いた程度でも“乱暴”ですし、暴行とはどの程度を指すのかまったくイメージができません。個人的には数回殴れば暴行という認識ですが・・・。

また、強姦と強姦傷害では印象が異なり、傷害とつくだけで本来の内容を弱めます。

被害者の女子中学生には強度のPTSDが見られますし、立ち直るのに生涯を費やす、殺人よりもひどい事件です。

とても乱暴や暴行、強姦傷害という言葉ですむ内容ではない気がするのですが、

日本人はいつから犯罪者に優しくなったのか、人権とは何か、ふと考えてしまいます。

|

« 佳いお知らせを^^) | トップページ | 祈 ご冥福 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 佳いお知らせを^^) | トップページ | 祈 ご冥福 »