« 手段と結果 | トップページ | 「話す」ということ »

2008年5月10日 (土)

情報

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。5月は「コミュニケーション」について書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

昨日は、コミュニケーションとは「情報の伝達」と「感情の共有」であるというところまで書きましたので、本日は、「情報」とは何かについて書いてみたいと思います。

情報とは、「物事を判断するために媒体を介して得られる知識」のことをいいます。

新聞やTV、ラジオなどのマス媒体から得られるものを含め、視覚や聴覚、触覚などの五感で捉えることができるものすべては情報であり、

私たちはそれらの情報によって物事を判断し、生活・行動しているということです。

またそこには、人間自体をコミュニケーションツール、情報源として捉える思考もあり、それが人間科学ということになります。

以上、コミュニケーションという間口の広いテーマなので、一応、基本を押さえてみました^^;)。

|

« 手段と結果 | トップページ | 「話す」ということ »

コメント

情報とは・・・自分にとって、有益であるものだと思っていました。情報の受け取り方で、逆の判断になってしまうのでしょうね。
どうせなら、すべてをプラスに捉えたいです(^_^)

投稿: 一参加者 | 2008年5月12日 (月) 20:04

一参加者さん、二度目のコメント、ありがとうございます^^)。

>どうせなら、すべてをプラスに捉えたいです(^_^)

ほんと、その通りですね。

プラスに捉えると好転することが多く、マイナスに捉えると悪循環に陥る・・・。

ちょうど良いバランス、というのが難しいのかも・・・デスね^^;)

投稿: 新田祥子 | 2008年5月14日 (水) 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手段と結果 | トップページ | 「話す」ということ »