« 情報 | トップページ | 原稿アップ!^^)v »

2008年5月12日 (月)

「話す」ということ

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。5月は「コミュニケーション」について書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

コミュニケーションの基本を押さえましてので、今日は「話す」ということについて書いてみたいと思います。

私たちは当たり前のように日々人と話し、コミュニケーションをとっていますが、では、人はなぜ「話す」ことができるのでしょうか。

考えるとなかなか面白いですね^^)。

「話す」ことを機能面から説明するのは生理学者にお任せして、新田はもっと簡単にいきたいと思います。

「話す」という行為には、全人格的なものが含まれますね。

人格には思考や知識、感情などが含まれますが、それら全てが「話す」という行為に繫がります。

では人格とは何か、性格とはどこが異なるのか。

考えたら夜も眠れません^^;)。

|

« 情報 | トップページ | 原稿アップ!^^)v »

コメント

はじめまして。フィードを購読させて頂いております。いつもブログの更新を楽しみにしています。私は、話すことは生きることだと思います。生きるとは、喜びや悲しみ、嬉しいこと、辛いこと、全てを共有し、共感することだと思っています。

投稿: ユウイチ | 2008年5月13日 (火) 15:36

コウイチ様

はじめまして! コメントありがとうございます^^)。
また、更新を楽しみにしてくださっているとのこと、
とても嬉しく、心より感謝申し上げます^^;)。


>話すことは生きることだと思います。
>喜びや悲しみ、嬉しいこと、辛いこと、
>全てを共有し、共感することだと思っています。

素晴らしいですね。
新田もその通りと思います。

私たちは相互に作用しあいながら、
感情の共有を図るための努力を重ね、
日々の生命を紡いでいるのですものね。

これからもコメント寄せてくださいね~、
楽しみに待ってます^^)。

投稿: 新田祥子 | 2008年5月14日 (水) 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情報 | トップページ | 原稿アップ!^^)v »