« 冷静な観察者^^;) | トップページ | 外的・内的コミュニケーション »

2008年5月22日 (木)

目は口ほどに・・・

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。5月は「コミュニケーション」について書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

相変わらず遅れ気味でゴメンナサイ!

さて、コミュニケーションの目的は情報の伝達ですが、この情報の伝達は他者に向かう場合と、自己に向かう場合の二面があります。

他者に向かうとき私たちは、言葉を主体に伝えようとしますが、聞き手は言葉よりも身体動作の方を強く認識する傾向があります。

耳から入る情報よりも、視覚で捉えた情報の方が記憶に残りやすいということです。

何故かというと・・・と説明を加えたいのですが、その根拠はまだ仮説の段階です^^;)。

視神経と脳神経は密接であるため、というところまでしか分かっていません。

(いまは研究が進んで、新田が知らないだけかもしれませんが・・・)

皆さま、言葉と同様、身体動作によるコミュニケーションも大切にしましょう^^;)。

|

« 冷静な観察者^^;) | トップページ | 外的・内的コミュニケーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冷静な観察者^^;) | トップページ | 外的・内的コミュニケーション »