« 亀は万年? | トップページ | 有意義なGWを! »

2008年4月24日 (木)

魚類・哺乳類・人類

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。4月は「日々随想」で書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

今日も不思議の続きで・・・つまり今はあれこれ考える余裕がない^^;)。

魚類・哺乳類・人類に共通するのは何だと思われますか?

昨日も少し書きましたが、いずれも脊椎動物であるということですね。

では、脊椎動物に共通するのは何か。

こちらも、いずれにも「脳」があるということです。

大脳、小脳、脳幹、脊髄(脊椎。脊髄も脳の一部です)があり、魚類にのみ大脳がありません。

大脳は知の脳ともいわれ、人間の大脳が最も大きくてサルの3倍もあります。この知の大脳が、人間を人間たらしめているというわけです。

また、感情の脳である脳幹は、人間が生命体として母胎に宿った瞬間から存在しますが、この脳幹が魚類にもあるということは、魚にも感情があるということ・・・ごく小さいですが。

川辺でよ~く見ると、魚の感情表出の様子が観察できるかもしれません^^;)。

(興味のある方は、GWにどうぞ^^)

それにしても、生物、自然、地球、そして、人間の心の成り立ち、不思議です^^;)。

|

« 亀は万年? | トップページ | 有意義なGWを! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 亀は万年? | トップページ | 有意義なGWを! »