« デモーニッシュに働く | トップページ | 世界トップ »

2008年4月 4日 (金)

安いのに弱い?

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。4月は「日々随想」で書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

昨日は新聞から引用しましたので、今日はテレビの話題で^^;)。

このところ生命保険や自動車保険のCMが目立ちますが、最近、流れる度にムッとするCMに遭遇してしまいました^^;)。

電話オペレータの誘導に、60代と思われる女性の声が、「わたし安いのに弱いのよ~」と応えるアレです。皆さんは見たことありますか?

広告主は「保険料の安さ」を強調したいのだと思うのですが、新田はこのCMを見るたびに、なんとなく不快になるのです。

何故なんだろう・・・と考えた結果、たぶん、作り手がまったく意図しない伝わり方をしているから・・・という結論に達しました^^;)。

(大金をかけての放映ですから、広告主としては大きな損失ですよね)

例えば、「わたし安いのに弱いのよ~」というセリフ。

新田だけかもしれませんが、CMの中で真面目に言われると、消費者の一人としてなんとなく愚弄されているような気になります・・・。

さらに、オペレータの若い女性が、「弱いんですか~?」と問い返しているのも、揚げ足どりをされているようで不快・・・><)。

そもそも、家庭のサイフは握っているけれど、車に興味のない60代の女性が保険の相談をして、「安いのに弱いのよ~」と言わされている設定自体に、難があるような・・・。

男女どちらでもいいから、20代のイキイキした声が、「安いのは嬉しいですね~」と肯定的に云ってくれたら、印象はまったく違ったのでしょうけれどね~。

以上、辛口なCM批評家でした^^;)。

|

« デモーニッシュに働く | トップページ | 世界トップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デモーニッシュに働く | トップページ | 世界トップ »