« 猫狂想曲^^;) | トップページ | あなたの苦笑は?^^;) »

2008年3月 5日 (水)

ネコの失語症

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

今日もネコ物語りで^^;)。

実は我が家の長男はとてもお喋りなのですが(つまりよく鳴くということです^^;)、

昨年10月23日に、とても仲良しだった二男が亡くなってからは、鳴くことを忘れてしまいました・・・。

新田は自分の喪失感をコントロールすることに気を取られていて、しばらくは長男の失語症には気づかずにいました。

しかしあるときふと、部屋が「静かすぎる」ことに気づき、長男がまったく鳴かなくなってしまっていたことに気づきました。

4ヶ月が過ぎた今はときどき鳴いてくれますが、以前の半分も鳴きません。

ネコにも嫌悪や嗜好といった感情があることは同居生活から分かっていましたが、喪失感といった哀しみの感情があることは、このとき初めて知りました。

もしネコに人間同様の表情があったなら、すっかりおじいさんの長男はきっと諦めの苦笑を浮かべ、ため息をついていたと思います。

|

« 猫狂想曲^^;) | トップページ | あなたの苦笑は?^^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫狂想曲^^;) | トップページ | あなたの苦笑は?^^;) »