« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

3月最後の日に

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

今年のサクラはあっという間に咲きましたね、皆さまはお花見などなさったでしょうか? 新田はバスの中から愛でました^^)。

さて、いよいよ3月も今日で終わり。

例のごとくで書けない日が多かったですが、あまり毒舌を吐かずにすんでホッとしています^^;)。

(追求が足りないと感じたところもありましたが・・・。とくに「痴漢冤罪」という言葉がなぜまずいのかについては、もう少し突っ込んで書いても良かったような気がしています)

しかし、書きながら常に念頭にあったのは、『「苦笑」も感情を表す動作のひとつであるということが伝われば良い』ということでしたので、ま、良しとしましょう^^)。

一ヶ月間、お付き合いいただき、ありがとうございました! 来月のテーマは、今夜考えます^^;)。

| | コメント (0)

2008年3月28日 (金)

広告掲載^^;)

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

今日は、閑話休題で・・・^^;)。

実は、今朝、日本能率協会マネジメントセンターの方からメールがあり、「あがらない話し方教室」の広告が読売新聞に掲載されたようです(拍手!^^)。

残念ながら新田はまだ見ていないのですが、どなたか見た方はいらっしゃいますか?

読売新聞を取っている知人がいるので、あとて借りて見てみようと思います。

著者としては、どれぐらい売れているのかも、気になります^^;)。

| | コメント (2)

2008年3月27日 (木)

羞恥心と日本人

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

今日は少し視点を変えて書いてみたいと思います。

「日本人、どこか変!」

多くの日本人がそう感じていて、原因もうすうす想像がついているのに、誰も何かを言いださず、あるいは実行できずにいます・・・。

かつての日本人は「恥」を知る国民で、集団生活でのマナーは、その「羞恥心」によって支えられていました。

しかし、この羞恥心は、自分が帰属するグループ(家族や学校、会社、地域など)内で発生する感情で、

帰属意識の少ない集団の中では、羞恥心は屈辱感になりやすく、この屈辱感は攻撃性に変化しやすいのですね。

そして社会はいま、世代を問わずとても攻撃的になっています。

若者の二つの事件も、片方は地元で、片方は地元を離れて起こしてしまいました・・・。

新田は、動機よりも二人の生活背景が気になり、日本人の帰属意識は何故、いつ頃から薄れてしまったのか、などと考えてしまいます。

| | コメント (2)

2008年3月26日 (水)

フリーズ

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

若い人の悲惨な事件やニュースが続いてますね・・・。

誰もが一生懸命に生きていると思うのですが、ややもすると一生懸命さは、目的に向かって猪突猛進することであるかのように錯覚されてしまいます。

しかし私たちはロボットではありませんから、ときどきは五感を使って、動物としての本能を取り戻す時間がぜったいに必要なのですね。

文明は日本人の生活を豊かにしてくれましたが、一方で、豊かさが多くの人の心をフリーズさせてしまっているように感じられてなりません。

| | コメント (0)

2008年3月24日 (月)

無力

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

早春というのに悲惨が事件が続いてますね・・・--)。

若い人のこのような事件を耳にする度に、加害者、被害者、それぞれのご家族の人生に思いを馳せますが、

加害者や被害者の年齢が若いとあれこれと想像し、胸が痛みます。

なにやら切ない、ため息まじりの苦(にが)い笑いが出てしまいますね。

| | コメント (0)

2008年3月21日 (金)

お尻蹴とばし^^;)

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

新田は理性的な強い女性が好きなのですが、下記のような女性は、お尻を蹴とばしてやりたいぐらい嫌いです--;)。

「2時にCT検査の予約がはいっていたのは、ちゃんと承知してました。15分前に来てくださいといわれたことも、しっかり分かってました。

でも出掛けに電話があり、長い話を途中で切るわけにもいかず、おまけに検査票がなかなか見つからずに、

急いで家を出たけど、今日にかぎってタクシーもバスもなかなか来なくて・・・ブツブツ」

・・・はい、今日午後の新田でした--;)。

これはもう、蔑視の苦笑ですね^^;)。

| | コメント (2)

2008年3月20日 (木)

英国人と日本人

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

春分の日の今日、皆さまはどのようにお過ごしでしょうか?

新田はたっぷり睡眠をとり、アガサ・クリスティーのDVDを見ながら、スクラップブックの整理をして過ごしました・・・^^)。

(まだ終えてはいないのですが^^;)

その中で面白い記事を見つけましてので、以下にご紹介したいと思います。

デンソー会長の岡部 弘氏の記事です。

『(前略) 一人あたりGDPでは日本とほぼ同じで、一般的な人々の賃金水準は日本と比べて低い状況にあるにもかかわらず、英国が安定して経済社会を維持できた理由は何か。

(中略) 伝統的で質素な食生活に満足し、ゆとりある田舎暮らしを楽しみ、古い家具や生活用品を使い続け、お金はあっても理屈に合わない使い方はしない。

(中略) これに対し日本は、豊かな食材と健康に気を使った食事。常に周囲の目を気にし、古いものは捨て新しい家具や生活用品に取り替える。お金をかけた観光地への旅行を好み・・・(中略)。

その結果、仮に月20万ー30万円の年金と2000万円を超える貯金をもっていても、多くの人々が老後の生活に不安を持つ。

(中略) 本来豊かであるはずなのに不安感から抜け出せない日本の現状を見ていると、「豊かさとは何か」「幸せとは何か」を、今一度真剣に問い直す必要があると思う』

急速にアメリカ型社会になっていく日本を秘かに憂えている新田は、

経財界トップにもこのような思考をもつ方がいることに、ホッとひと安心の苦笑が漏れました^^;)。

| | コメント (0)

2008年3月19日 (水)

喜びの苦笑?^^;)

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

今日は喜びの苦笑です^^;)。

昨日、明日香出版社の編集者の方が、「日経ビジネス(2008.3.18)」の記事のコピーをFAXしてくださったのですが、

なんと、新田の「心臓がドキドキせずあがらずに話せる本」が、

2月の月間ランキング25位!(2月1~29日。丸善丸の内本店調べ)でした^^)。

しかも、城山三郎さんの、「そうか、きみはもういないのか」(27位)よりも上位!

これは凄いことだなーと感動しながら、「大作家よりも上位とは・・・」と、おもわず苦笑がもれてしまいました^^;)。

たとえ一ヶ月間にしろ、城山三郎さんよりも多くの方に読んでいただけたことは、大いに感謝すべきですね^^;)。

| | コメント (0)

2008年3月18日 (火)

美人局

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

ニュースシリーズでいきたいと思います^^;)。

大阪での痴漢冤罪事件、暗澹たる気持ちで注目した人も多いと思います。

大学生と年上の彼女が起こした美人局(つつもた)的犯罪。昔なら博徒と愛人の事件でしたが・・・。

ところで、これって、報道されているように痴漢「冤罪」なんですか?

冤罪に繫がりかねない事件ではありましたが、取り調べを受けただけで、逮捕・処分されたわけではないですよね・・・。

疑うことが仕事の警察にとって、被害申告があれば捜査するのは当然の行為。

もしこの事件を正確に表現するならば、痴漢冤罪の被害者ではなく、でっちあげ痴漢による恐喝事件の被害者、ではないかと思うのですが・・・。

軽佻浮薄なマスコミの言語力に、やや蔑視の苦笑でしょうか^^;)。

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

価値

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

59億円をダンボールにつめて自宅に隠しておいたニュース、皆さんもご覧になりましたよね・・・^^;)。

きっとあれはお金ではないんでしょうね。。。単なる紙?

お金は使うことで価値が生まれる。

もしこのお金を、必要とするところに寄付していたら、きっと多くの人を幸せにできたのに。

人間の欲とはかくも深く、深すぎる欲は価値あるものも無に変えてしまう・・・、なにやら御伽噺を聞いているような錯覚と苦笑を覚えました^^;)。

| | コメント (4)

2008年3月14日 (金)

円高

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

12年ぶりの円高だとか。

それなのに日本の株価が大幅に下落して、経済に疎い新田は、どうもそこが理解できません><)。

原因は、基本が理解できていないから・・・。

どうやら基準はアメリカにあるらしい、ということは分かるのですが、円高、株安という単品でしか理解できない自分に、自嘲の苦笑。

経済の仕組みが分かったら、もっとしっかり世界が見えるのでしょうか^^;)。

| | コメント (0)

2008年3月10日 (月)

歳月は罪を許さず

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

週末は何かと忙しく、ついブログを書く余力がなくなってしまいます・・・‐‐;)。

その現実につい「苦笑」してしまう新田ですが、最近は別な意味で、複雑な苦笑が浮かびます。

今も連日報道されているロス疑惑事件。

事件発生当時の27年前も、マスコミは連日報道の嵐でしたが、多くの日本人の良心は、

夫の愛人女優に襲われた妻が、3ヵ月後に再び悪魔の銃弾に見舞われ、夫には大金という天使が微笑んだ法の裁きを、なんとなく釈然としない思いで見守ったと思います。

それが今回はアメリカが、殺人罪に、日本にはない「共謀罪」を加えて逮捕状を請求。

たしかこの「共謀罪」は、数年前の個人情報保護法の時に話題になりましたよね。犯罪の相談をしただけで罪になるという・・・。

悪法そのもののように思われていた「共謀罪」に、このような使い方があったのかと、複雑な苦笑がもれてしまいます。

歳月は罪を許さず

複層する矛盾と不条理を内包しながら世の中は前進しますね^^;)。

| | コメント (0)

2008年3月 7日 (金)

レッテル

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

この時期、多くの方が花粉症で苦しんでいると思います。

新田も例年、何回かは鼻がツンとし目が痒くなりますが、今年はそれが2~3日も続いたので、闘いました^^;)。

どのように闘ったかといいますと、症状に「花粉症」というレッテルを貼らない努力をしたのです。

そのため鼻水が垂れはじめたところで大きく深呼吸し、

「これは単に鼻水が出たに過ぎない!」と言い聞かせ、

鼻水と「花粉症」を結び付けないように努めました^^;)。

上記に科学的な根拠はありませんが、人はいったんレッテルを貼ってしまうと相互に反応しあうようになってしまうので、レッテルを貼らない努力はけっこう大事。

おかげさまで今は、鼻も目も大丈夫です^^)。

今の皆さんの表情は、仮説どおり、やや蔑視に近い苦笑でしょうか^^;)。

| | コメント (2)

2008年3月 6日 (木)

あなたの苦笑は?^^;)

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

2日続けて長男ネコについて書きましたので、本日は長女のネコ物語りを^^;)。

銀座の路地裏育ちの長女は、とてもネコらしい(?^^;)性格の持ち主です。

自分が甘えたいときだけ、馬に飛び乗るような勢いで膝に乗ってきますし、

悪いことをして叱られても、兄のように後姿で「スゴスゴ」するわけでもなく、つねにマイペースで堂々としています。

つまり、かなりのじゃじゃ馬ということなのですが、

オシッコしっぱなしの兄のトイレに砂をかけて始末をしてあげる、優しい一面もあります。

こんなネコバカな飼い主に、皆さんはどんな「苦笑」をもらしたでしょうか?^^;)

| | コメント (2)

2008年3月 5日 (水)

ネコの失語症

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

今日もネコ物語りで^^;)。

実は我が家の長男はとてもお喋りなのですが(つまりよく鳴くということです^^;)、

昨年10月23日に、とても仲良しだった二男が亡くなってからは、鳴くことを忘れてしまいました・・・。

新田は自分の喪失感をコントロールすることに気を取られていて、しばらくは長男の失語症には気づかずにいました。

しかしあるときふと、部屋が「静かすぎる」ことに気づき、長男がまったく鳴かなくなってしまっていたことに気づきました。

4ヶ月が過ぎた今はときどき鳴いてくれますが、以前の半分も鳴きません。

ネコにも嫌悪や嗜好といった感情があることは同居生活から分かっていましたが、喪失感といった哀しみの感情があることは、このとき初めて知りました。

もしネコに人間同様の表情があったなら、すっかりおじいさんの長男はきっと諦めの苦笑を浮かべ、ため息をついていたと思います。

| | コメント (0)

2008年3月 4日 (火)

猫狂想曲^^;)

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

新田が苦笑するシーンといえば、やはり同居猫との関係に多いでしょうか^^;)。

例えば、18歳の♂ネコ(長男)と8歳の♀ネコ(長女)は、あまり仲がよくありません。

どうやら長女の気の強さと身勝手さに、長男がどう対処していいのか分からないらしいのです^^;)。

例えば、本来は長男の場所であるところに長女が丸くなって占有している時、

長男がどんなに長女の周りをウロウロし、鳴いて自分の場所であると主張しても、長女はピクリとも動かず、知らんふりしています。

また、長女がほんの少しどいてくれれば二人で並ぶことができる場面でも、

長男が鳴けど騒げど、長女は一ミリも席を譲ることをせず、長男はすごすごとその場から撤退したりもします。

そんな二人の様子を横目に見ながら新田は、人間と変わらない男と女の力関係に、つい苦笑してしまいます^^;)。

この瞬間、新田は長男に厚い友情を感じますが、長男が自嘲的になっているかどうかは疑問です^^;)。

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

「苦笑」とは?

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

暖かさは人を活動的にしますね^^;)。

さて、3月は「苦笑」について書いていきますが、最初はやはり基本を抑えましょう。

読むに値する内容にするために苦笑とは何かを定義し、仮説的展開の構成でいきたいと思います。

これなら単なる雑談も、楽しめる内容になるかもしれません^^;)。

「苦笑とは、状況や場面における予期者の誤差の振幅により発生するものである」

上記を苦笑の定義とすれば、仮説としてのパターン分類は下記でしょうか^^;)。

誤差の原因が、自分にある場合には自嘲的な苦笑となり、相手にある場合には失笑や蔑視を伴う苦笑となり、双方にある場合においては自嘲的な友情が芽生えることもある。

これで理解しやすく、つまりは書きやすくなったかも^^;)。

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

「苦笑」^^;)

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。3月は「苦笑」をテーマに書いていきたいと思います。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

気がつけば3月も2日が過ぎてしまいました・・・^^;)。

誰もが何かに追われ、いくつかの問題を抱えながら日々を過ごしているわけですが、新田の目下の問題は、3月のテーマを何にするか・・・。

そんな姿を心の鏡に映してみたとき、ふと「苦笑」をテーマに書いてみたい、という皮肉な考えが浮かんできました^^;)。

・・・というわけで3月は「苦笑」をテーマに、本来の皮肉屋、毒舌ぶりが表面化しないよう気をつけながら^^;)、書いてみたいと思います。

どうぞ一ヶ月間、お付き合いくださいませ^^)。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »