« 新人研修での落ち込み | トップページ | 新社会人の言葉づかい »

2007年4月 4日 (水)

「素直であること」

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。4月は「役割り」をテーマに書いています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

大事なことを忘れてました^^;)。

実は、2日のブログで、『新社会人の役割りは、「素直であること」』と書きましたが、「素直であること」とは何を指すのか、書き忘れてしまいました。 月のテーマ日々のテーマに、不安定な視点で書いている証拠ですね^^;)。

素直であることとは、「受容」することと考えます。

状況も場面も感情も、真っ新(まっさら)な気持ちで受容すること。

すべてをいったん受容し、その上で、考え、迷い、思考して、決断、行動する。

この視点をもたずに、やみくもに「頑張ろう」という曖昧な言葉でことを律しても、あいまいな成果しか得られません。

2日、3日の記事を、「受容」という視点を入れて読んでいただけたら、見えてくるものが違うかと思います。

失礼いたしました--;)、本日は以上です(^^;)。

|

« 新人研修での落ち込み | トップページ | 新社会人の言葉づかい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新人研修での落ち込み | トップページ | 新社会人の言葉づかい »