« 地図が読めない女性 | トップページ | 女の勘 男の勘 »

2007年4月15日 (日)

話を聞かない男性

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。4月は「役割り」をテーマに書いています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

昨日の続きで、本日は「話を聞かない男」について考えてみたいと思います。

その前に、皆さまは、『話を聞かない男 地図が読めない女』というタイトル、どう思われたでしょうか。

「話を聞ない男」というのは生得的(生まれながらという意)というよりは、意思として話を聞かないということですね。もし生得的なという意味をもたせるならば、「話を聞ない男」という表現になります。

一方、「地図が読めない女」というのは、女性は生得的に地図が読めないという意味ですので、タイトルには、明らかに視点の異なる2つの言葉が並んでいます。

つまり、「地図が読めない女」という点に関しては、役割りという視点から考察することが出来るけれども、「話を聞かない男」というのは本人の意思や意図で話を聞かないのであるから、役割りという視点から考察しても意味がない、ということになります。

このタイトルが原題に忠実に翻訳されているのかどうかは分かりません。もし忠実であるなら、著者はなぜ視点を変えて表現したのか。

意思なのか、無意識なのか・・・。とても興味深い謎ですが、著者は男性のようですので、男性の言語能力は女性より劣るということを(根拠は昨日のブログから分かりますね)、タイトルで証明しているのかもしれません^^;)。

本日は以上で^^;)。

|

« 地図が読めない女性 | トップページ | 女の勘 男の勘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地図が読めない女性 | トップページ | 女の勘 男の勘 »