« 役割りから見た性差 | トップページ | 地図が読めない女性 »

2007年4月13日 (金)

体力の男女差

話し方教室セルフコンフィデンスの主宰者・新田祥子が、講座では話さないコミュニケーションや人間関係の築き方について書いています。4月は「役割り」をテーマに書いています。ホームページもぜひご覧ください。→ http://www.droppies.com/

本日は、男女の特徴から役割りというものを考えてみたいと思います。

男女のいちばんの違い、皆さまは何だと思われますか?

新田は、「力の差」に注目しました。

例えば、歩くスピードや走ることに対する持久力、そして重たいたものを持ち上げる祭の腕力の差です。

この差こそ、役割りによる差なのではないか、と考えます。

「種の保存」ということが男女の等しい役割りであるならば、機能としての体力の差も、基本の役割りから派生して備わっている、と考えます。

例えば、女性には子供を産み育てるという役割りの機能として、子育てに必要な体力が備わっている。

そして男性には、小さな命と、その命を育て次の命を産む者たちが飢えないように、野を走り山を越え、時には猛獣と戦って食料を手に入れるに必要な体力が備わっている・・・稚拙でしょうか^^;)。

続きは明日に(^^;)。

|

« 役割りから見た性差 | トップページ | 地図が読めない女性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 役割りから見た性差 | トップページ | 地図が読めない女性 »